投資って必要?「貯金するなら投資を」というのが私の答え

スポンサードリンク

投資って必要?「貯金するなら投資を」というのが私の答え

こんにちは。

kumatamです♪

なかなかブログ更新できていないこの頃です。

「ブログ書かなきゃ」という感じになりますと逆になかなか書けなくなるものです。

久々のブログですので、構成も何もなく投資に関して自分の思っていることをお伝えしていきます。

私のブログを読まれている方は、既に投資を何かしらされている方や、興味があるけど一歩踏み出せないという方が多いのではないかと思っています。

今回は、投資をまだ始めることができていない方へのメッセージ的にお伝えしていきます。

投資をするべきかどうかというシンプルな質問が投げかけられたとき、私は自信を持って「YES」とお答えできます。

理由は、時間の経過と共に投資額に対してプラスになる可能性がとても高いからです。

もちろん短期的には大きくマイナスすることもあります。

私も大きなマイナスを経験しています。

2021年絶好調であった株式相場も2022年は厳しい動向です。

ただ、これって1年とか2年という短期での推移です。

10年くらいの期間で見るようにしますと、株式相場はプラスになる可能性が高いです。

投資先と方法の違いでプラスになる確率も大きく異なってくるのですが、「積み立て投資」「米国株(外国株式)」という2つを基本にすることがポイントと考えています。

もちろん投資は自己責任ですので、最終的な判断は自身になるのですが、あまり複雑に考えず信託報酬が低く販売手数料がかからないネット経由での購入を続ければよいです。

当然ですが、手数料の高い銀行窓口で勧められるようなものは絶対に購入してはいけません。

お金に働かせる

積み立て投資をシステム化して、毎月の自動引き落としにするだけ。

このシステム化がされますと、いつ、いくら引き落としされているかも忘れる状態になるはずです。

私の毎月の引き落とし額は、自身の給与で考えると少し多いかなぁという設定にしています。

投資はできる限り早い時期に投資額を増やしておくことが将来的なリターンに繋がりますから。

たまに「年収分は投資をする前に貯金して…」というようなコメントを目にすることもありますが、そんなことしてたらいつになっても投資は始められません。

年収分貯めるのってめちゃくちゃ大変ですから。

あまり手元や銀行口座に現金を置かなくてもよいというのが私の考えですが、これは人それぞれです。

ちなみに私は資産に対しての貯金等の現金は2%もないはず(笑)

これは流石に極端ですが、何か大きな支出がある場合には、投資信託などを現金化すればよいのかと。

私はここまで積み立て投資したものを支出のために現金化したことは基本ないですが、いつでも現金化できるという気持ちで、投資中心でよいと考えています。

「お金に働かせる」

この言葉、けっこう好きです。

私も現在は投資額に対してプラスの推移ですが、大きくマイナスの時代もありました。

個別株の売買を頻繁にしていたときが大きくマイナスしていた時代です。

これから投資される方には、先程挙げさせていただいた「積み立て投資」「米国株(外国株式)」と共に、手数料の少ない「投資信託」をおすすめします。

投資は「1日でも早く」が基本です。

毎月の積み立て投資ですので、時間がリターンに直結します。

投資のリスクとリターン

私が今20代だったらどんなによかったことでしょう。

いろいろな投資にチャレンジしてきた過去の自分を褒めてあげたいですが、早くから今のスタイルを実践できていればと思うことがたまにあるのです。

投資にはリスクがありますが、リターンはリスクをとったものにしかもたらされません。

そして、そのリターンの可能性はとても高いというのが私の経験上の考えです。

私のような高い年収ではないサラリーマンがある程度の資産を築くには投資しかありません。

繰り返しますが、投資は自己責任でお願い致します。

勉強になるブログはこちらを♪↓


投資信託ランキング


仮想通貨ランキング


スポンサードリンク

シェアしてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)