そんなに貯金って素晴らしい? いつの間にか資産が減るリスク

スポンサードリンク

そんなに貯金って素晴らしい? いつの間にか資産が減るリスク

こんにちは。

kumatamです♪

皆さんは、宝くじで10億円が当たったらどうしますか?

ITmediaビジネスONLINEにそのようなアンケート記事が出ていましたので、注目してみます。

1位は「家・マンションを買う」、2位は「貯金・預金」だったということです。

まぁ、ぱっと聞かれましたら、すぐにそのような回答になってしまうのかもしれませんが、「なんだかなぁ」という違和感が私にはありました。

何か昔から家を建てて一人前や貯金が美徳というような、日本人に刷り込まれている意識が働いているように感じるのです。

もちろん、散財するのではなくマイホームを持つことや貯金することは悪いことではないです。

ただ、特に貯金をすることで資産が守れているかというとそうではないと思うのが私の考えです。

ちなみに3位は「投資(株式・不動産・投資信託など)」ということですので、私の回答はこちらになります。

他にも9位に「仕事を辞める」という回答が入っていますので、このあたりは私と一致します(笑)

貯金体質の日本人にとってインフレほど恐ろしいものはない

先程、「貯金することで資産を守れているかというとそうではないと思う」と言いましたが、正に今がそうなのです!

日本は島国で外国との接点が少ないですのであまり感じませんが、ここ最近で大きく円安に振れています。

円安になるということは、文字通り円の価値が落ちているということですので、日本人が貧乏になっているとも言えます。

普通に考えますと、輸入品の値段が上がります。

また、日本人はインフレなんて起きないというような感覚になっていますので、貯金体質からはなかなか抜けられないのでしょう。

もし貯金ではなく金融による所得があるのであればこれを回避できる可能性が高まります。

株式をはじめとする投資に一歩足を踏み切れることのできない方は、マイナスになるというリスクを恐れていると思いますが、円の価値が落ちることも貯金に頼る日本人に取りましては大きなリスクです。

安倍政権、菅政権と、現在の岸田政権は株式、金融市場に対するスタンスが全く異なります。

現政権は、日本の金融市場に対してあまりにマイナス要因が多いのです。

これらの点からも少なくとも現在は、ロシア、ウクライナの状況も加味して米国株メインの投資でいくことが恩恵が高いと考えます。

米国は石油などの資源なども豊富にあることも大きいです。

今回のアンケートで、実際に10億円が当たったら近しい人に報告するか聞いたところ、「話す」と回答した人は全体の75%だったとのことですが、これも私には信じられません!

実際にこれほどの金額が当たりましたら、このアンケートのような行動にはならないとは思いますが、近しい人でも私なら言いません(笑)

少なくとも数年は。

人間は意志が弱く、感情も大きく変化する生き物ですから。

行動することで資産を守り 増やす

昔は日本も成長力がありましたが、今はなかなか難しい状況です。

特に貯金では世界規模で考えますと、価値は目減りすると言わざるを得ません。

リスクを避けて、貯金することも大切ですが、長期投資で資産を築き上げるのも選択肢として考えるのもよいのではないでしょうか。

勉強になるブログはこちらを♪↓


投資信託ランキング


仮想通貨ランキング


スポンサードリンク

シェアしてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)