『貯蓄ゼロ』 2割超、『貯蓄100万円以下』6割超! 30代・40代のリアルな金銭事情?!

スポンサードリンク

『貯蓄ゼロ』 2割超、『貯蓄100万円以下』6割超! 30代・40代のリアルな金銭事情?!

こんにちは。

kumatamです♪

 

皆さんは、どのくらい貯蓄ができていますか?

また、どのくらい貯蓄できると将来的に安心ですか?

気になりますよね!

 

そんな誰もが気になる金銭事情(30代・40代)に関してのデータが、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社より、2019年3月6日に発表され、話題になっています♪

 

調査発表内容は、こちらです♪

 

 

現在貯蓄できているお金はいくらあるか?

30代・40代の気になるお金の貯蓄事情です。

データは以下の有効サンプルより、抽出されています。↓

2019年1月7日~9日の3日間、30歳~49歳の男女を対象に「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果。

 

結果です。↓

2019年の『貯蓄ゼロ』の方は、2018年と比較し6%上昇し、23.1%という集計になりました。

なんと、30代・40代の5人に1人以上が『貯蓄ゼロ』という衝撃の結果です。

 

私の感想も『本当に?集計に何かのバイアスがかかっていない?』というものです。

また、『貯蓄ゼロ』『貯蓄50万円以下』の24.6%『貯蓄100万円以下』の12.8%をプラスしますと・・・

23.1%+24.6%+12.8%=60.5%

になります。

 

30代・40代の6割超が貯蓄100万円以下なのです!

 

 

30代・40代の6割超が貯蓄100万円以下?!

 

ねこさん
30代・40代の6割が貯蓄100万円以下にゃ?

 

kumatam
そ、そうみたいだね・・・。本当かなぁ。

 

ねこさん
想像以上に多いにゃ。

 

30代・40代で、6割以上の方が貯蓄100万円以下って、事実なのでしょうか。

 

30歳から49歳までの1,000名の有効サンプルということですが、これがリアルな数字なのか、やはり疑ってしまいます。

と言いますのも、私は投資や資産運用に関することを中心にブログを書いているくらい『お金』には興味を持っています。

そのこともあり、いろいろな投資ブログなどを確認させて頂くことも多いのです。

そのような多くのブログでは、貯蓄額が今回のデータと比較にならないほど多いのです。

それは収入に関係なく工夫されて貯蓄されていますので、今回発表の数値が想像と乖離しておりちょっと疑っているのです。

 

皆さんは、この数値がリアルに感じたでしょうか?

 

 

現在貯蓄できているお金の平均額は?

 

30代・40代の平均貯蓄額です。↓

30代・40代の平均貯蓄額は、2018年の247万円に対して、2019年は52万円も減少し195万円となっています。

 

これは平均値ですので、集計サンプル1,000名によって数値に多少の変化は出ますが、この減少は大きいですね。

 

kumatam
ただ、30代・40代の平均貯蓄額が195万って本当かなぁ。

 

平均で195万円ですので、『中央値』は更に下がることになります。

 

やはり気になりますので、別の記事でも確認してみます。

MONEY PLUS(2019年3月12日)より

都内で暮らす30代独身男性の平均年収や貯蓄額、生活費はいくら?

貯蓄額は1ヵ月〇万円以上

タケイ啓子

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)2018年」によれば、30代独身の平均貯蓄額は約317万円です。そのうち、貯蓄ゼロが39.7%、100万円未満が17.4%になっており、あわせて57.1%が、貯蓄0~100万円未満です。

30代独身の貯蓄がある人だけで計算した平均貯蓄額は533万円なので、貯蓄のある人とない人との差が大きくあるということがわかります。

 

記事を一部抜粋して引用させて頂きました。

 

30代独身の平均貯蓄額は約317万円で、先のデータより少し額は多く、こちらがしっくりくる感じです。

30代独身の貯蓄がある方の平均が533万円ですので、二極化している印象です。

 
30代独身全体の貯蓄ゼロが39.7%、100万円未満が17.4%になっており、合わせて57.1%が貯蓄0~100万円未満となっており、『約6割』ですので最初の記事にも近い数値となっております。

 

ねこさん
やはり、30代・40代の約6割が貯蓄100万円以下というのは、リアルにゃ。

 

まぁ、同じ30代・40代でも持ち家と賃貸では貯蓄額も大きく変わってきますので、このようなデータになるのかもしれません。

ちなみに私は、環境の変化や投資を優先していますので、賃貸派です。

 

 

仕事をリタイアする年齢までに貯蓄がいくらあれば安心できるか?

 

将来を考えますと、貯蓄が多くあるにこしたことはないですが、30代・40代の方々はどのように考えているのでしょう?

 

結果です。↓

こちらも驚きの結果です。

年齢が上がる連れ、安心できる貯蓄の平均額も上昇傾向です。

年齢と共に現実が見えてくるのだと思われます。

30代・40代平均ですと、仕事をリタイアする年齢までに貯蓄で安心できるのは、5,000万円を超える金額です!

現在の平均貯蓄額が195万円に対して、5,000万円ですので、この乖離はすごいです。

今からですと、計画的な資産運用が必要となるでしょう。

 

 

貯蓄5,000万円は、無理?

 

私のブログ副題にも『長期投資で5,000万円の貯蓄を目指す』という言葉が入っています。

私もこの5,000万円の貯蓄まではまだまだですが、計画的な積み立て投資と運用で最終的にはクリアできるものと思っています。

また、今20代前半など、これから長い時間が残されている方にとりましては『1億円』貯蓄も条件次第で可能となります。

 

この点は以前ブログにて掲載していますので、ご確認ください。↓

 

 

近道はありませんので、地道に積み立て投資でいきます♪

 

 

 

勉強になるブログはこちらを↓

スポンサードリンク

シェアしてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RSS