【ひふみ投信】評価益600万円台回復♪日経平均株価も2万2千円台を回復!

スポンサードリンク

【ひふみ投信】評価益600万円台回復♪日経平均株価も2万2千円台を回復♪

 

こんにちは。

kumatamです♪

 

日経平均が2万2千円を突破しました!

10連休も控え、相場も不安定感が予測される中、米国株の好調影響もあり、300円近くの大幅上昇に繋がっています。

 

SBI証券より↓

 

 

ひふみ投信 基準価格の推移は?

 

私のメイン投資先は、アクティブファンドのひふみ投信とセゾン投信です。

その一つ、ひふみ投信の推移を確認します。

 

ひふみ投信ホームページより↓

 

4月15日のひふみ投信の基準価格は、616円(1.32%)も上昇しました♪

基準価格は、47,114円とまた一歩上昇し、大台を回復しました。

 

ひふみ投信基準価格の6ヶ月チャートです。↓

2018年末からの上昇基調は継続されています。

 

 

私のひふみ投信運用の評価損益でプラス600万台を回復♪

 

私のひふみ投信運用成績です。↓

今回の上昇で、評価金額は1,451万円となりました。

評価損益は、プラス610万円です!

まだまだ、以前のような圧倒的パフォーマンス回復とは言えないですが、それでも改善方向であることは確かになってきました。

 

資産管理ツール マネーフォワードより、私のひふみ投信運用成績の推移です。↓

 

今回は、マネーフォワードで管理を始めた時から本日までの推移です。

チャートのように、スタートの2015年10月20日時点で541万円でした。

その金額は毎月の積み立てと暴落時の資金投入により、順調に増加したことがわかります。

しかし、増加した資産は一時1,600万円台を達成したものの1,200万円をきるところまで下落しました。

それが1,451万円まで回復しました。

 

 

積み立て投資も万能ではないが、資産を増やす可能性は高い!

 

先程紹介させて頂いた、私のひふみ投信運用成績を見てください。

中間までは、これ以上ないくらいの理想的な上昇です。

この期間のみ確認しますと、積み立て投資やひふみ投信は素晴らしい投資方法と思うはずです。

しかし、リターンを得るにはリスクがあるのが投資です。

中間以降は、一気に400万円以上マイナスになっています。

投資で大切なことは、自身でしっかりと分析し、どっしりと構えて狼狽しないことです。

少なくとも私の場合、暴落時に焦って売却してよかったことがありません。

同様に、暴騰時に購入してよかったこともありません。

反対に暴落時に購入したことは、現在の結果となって現れています。

ひふみ投信は、購入から一度も売却することなく本日に至ります。

投資はいろいろな方法がありますが、私の場合、よいと分析した投資信託に資産を継続して任せることがリターンの拡大に繋がっています。

字のごとく、『信じてお金を託す』のです。

『ひふみ投信』と『セゾン投信』は、『信じてお金を託す』ことのできる数少ないファンドであると考えています。

自身で信じることができるということが大切です。

『投資は自己責任』と、私もブログ内で何度も記載していますが、それはとても大切なことなのです。

誰かにすすめられたらからという想いでは、基準価格の上昇時はよくても、下落時は絶対に耐えられません。

そして、この大幅下落時にどのように動くかが投資で大切なポイントであるのです。

ということを、数多くの失敗をしたからこそ、語ることができると思っています(笑)

この考えでいきますと、今は全力で購入するタイミングではありません。

もし、余力がある場合には暴落時の投入資金としてプールしておくことが、精神的な安定にも繋がり、好成績を残すことができます。

『相場は逃げません!』

私はどっしり構えて、毎月積み立てです♪

 

 

 

勉強になるブログはこちらを↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)