健全な楽観

スポンサードリンク

本日の日経新聞電子版にひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)の藤野社長の言葉が出ていました。
英EU離脱による悲観相場に関してのコメントです。

以下、日経新聞より一部抜粋

中長期投資とは「世の中はいろいろあるけれども、最後に人々は困難を乗り越えて前進する」ということを信じられるかどうかが求められるのです。つまり「健全な楽観」ですね。

どんなに世界の終わりのような出来事であっても、終わりのない危機はないのです。だからこそ、私の経験でいえば、慌てて行動せずに状況を見極めるということが大切なのです。今回も時間がたてば必ず市場は落ち着いていきます。

引用終わり

「健全な楽観」よいメッセージですね。
実際にひふみ投信やセゾン投信に積み立て投資をして、この点は実感しています。
説得力があります。
これから月日が流れると、これはより明確になるのでしょうね。

ひふみ投信

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)