ひふみ投信、続伸!最近の不調に不安な方は、8月中間運用レポートを読もう♪

スポンサードリンク

本日の市場動向

こんにちは。

kumatamです♪

本日2018年8月24日の市場動向を確認します。

SBI証券より↓

昨夜のニューヨークダウ平均株価はマイナス0.30%と下落したものの、日本市場は上昇基調のよい動きでした♪

日経平均は0.85%、TOPIX0.65%、JASDAQ平均0.42%と順調に上昇し、マザーズ指数に至っては1.85%ものプラスです。

 

ひふみ投信の本日の動き

ひふみ投信ホームページより↓

基準価格は、プラス681円で1.39%と大きく上昇しました。

続伸です!

ひふみ投信の1ヶ月推移を確認します。

 

まだまだ回復には至らないですが、この続伸はひふみ投信に対する不安感が高まっていた投資家に取って恵みの雨となるでしょう♪

売る寸前まで意識が来ていた方も留まるような気持ちの変化が出そうです。

まぁ、長期的に投資されている方に取ってはゴールは先ですので、影響はないのでしょう。

むしろ、もう少し低いところで追加投資を考えていたかもしれません。

相場は逃げませんので、買うタイミングが遅いということはありません。

ただ、投資はそのタイミングを逃すと利益を得ることができません。

 

『稲妻が輝く瞬間』

この言葉は、インデックス投資をしっかり勉強されて実践されている方であれば誰もがご存知の言葉です。

インデックス投資で有名なチャールズ・エリス著の『敗者のゲーム』内での一節です。

 

過去72年間のうち、ベストの5日を逃すと、利益は半減してしまう。この教訓は明らかである。投資家は、「稲妻が輝く瞬間」に市場に居合わせなければならないということだ。

ひふみ投信はアクティブファンドですが、このチャールズ・エリスの言葉は株式投資全体に言える内容です。

株式市場がいつ上がるか、いつ下がるか確実に予測することができる方は誰もいません!


大切なのは、株式市場全体もしくは割安に放置されている会社に投資して、その機会をじっと待つことです。

 

それでも、今のひふみ投信に不安の方へ

本日2018年8月24日、ひふみ投信の8月度中間運用レポートがログイン後のホームページに掲載されました。

藤野社長がしっかりと現在の市場とひふみ投信状況に関してコメントされています。

 

  • 小型株にとっては厳しい相場展開になっていること
  • 大型株の比率を高めているひふみ投信だが、小型株の比率が高いのは間違いなく、この相場展開はひふみ投信にとって苦手な状況であること

 

下落基調のひふみ投信に対して投資家の不安が高まっていますが、藤野社長が明確に「苦手な状況」とコメントされました。

ネガティブなことも包み隠さずしっかりと伝えるこの姿勢は、更にひふみ投信への信頼を高めることになります。

 

そして、その状況に対してのひふみ投信のスタンスを明確にコメントされています。↓

よいタイミングでの中間レポートですが、あと数日早ければ、より効果的であったかと(笑)。

 

私のひふみ投信運用状況

ここ1ヶ月は下がりっぱなしの状況ですが、運用状況はどうなっているでしょう?

基準価格は、まだ5万円を下回っています。

824万円の投資に対して、本日の評価金額は1,511万円です。

評価損益は、プラス687万円となっています。

 

地道に積み立て投資を継続しています。

現在のひふみへの毎月の積み立て額は以下の通りです。

  1. 通常のひふみ投信積み立て 20,000円
  2. つみたてNISAによるひふみプラス 33,333円

 

合計で、毎月53,333円積み立てています。

8月の通常積み立ては、49,000円台前半の買付価格でした。

 

資産管理ツール マネーフォワードより、1ヶ月推移です↓

 

1日で30万円回復し、1,500万円台に戻ってきました。

完全回復はまだまだ先ですが、継続していきます。

 

ひふみ投信、引き続き宜しくお願いします!

 

投資は自己責任でお願いします♪

 

 

勉強になるブログはこちらを↓

オススメ
『未来への投資日記』は、ワードプレステーマ『ストーク』によって作成しています。
有料テーマですが、その価格以上の満足度です

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)