【ひふみ投信】日経平均株価は、年初来高値ですが・・・。

スポンサードリンク

【ひふみ投信】日経平均株価は、年初来高値ですが・・・。

 

こんにちは。

kumatamです♪

 

日経平均株価はそんなに上昇している印象はなかったのですが、本日でいつの間にか年初来高値となっています。

 

SBI証券より↓

日経平均株価は、プラス159円で21,870円となりました。

ほんと年初来高値という感じがしないんですよね。

 

ただ、本日の上昇はこの2銘柄のおかげと言ってもよいでしょう。

ファーストリテイリングとソフトバンクグループです。

ファーストリテイリングの1銘柄だけで、日経平均株価を160円も上げているのです!

また、ソフトバンクグループ1銘柄で、58円も日経均株価を上げています。

 

 

値がさ株の影響は?

 

『値がさ株』とは、株価が相対的に高い株式のことを指しますが、この日経平均株価に対する寄与度が大きいのです。

日経平均株価は、日本を代表とする上場企業の225社の平均株価ですが、この『値がさ株』による影響を大きく受けるのです。

平均でありながら変な話ではありますが、日経平均株価はそのようになっているのです。

 

例として、2019年4月12日の日経平均に対する寄与度を確認してみましょう♪

株探(Kabutan)より↓

 

先に述べましたが、ファーストリテイリングとソフトバンクグループの2社だけで219円も日経平均株価を上昇させているのです!

もし、本日この2企業に株価変動がないと、この分下がったことになり、本日の日経平均株価は50円以上のマイナスに転じてしまうのです。

 

 

このような値がさ株寄与度も考えて、ひふみ投信基準価格推移を確認

 

ひふみ投信ホームページより↓

ひふみ投信基準価格は、前日比プラス105円(プラス0.23%)で46,498円となりました。

ファーストリテイリングとソフトバンクグループの上昇がなければ、マイナス50円以上という日経平均株価の動きの中で、ひふみ投信のプラス終了という結果は立派な推移です!

マザーズ指数に至ってはマイナス1.37%というような市場動向の中でのプラスです。

4月12日のひふみ投信の動きに対してのリアクションは、「なんで日経平均に負けてるんだ!」ではなく、「よくがんばった!」が正しい表現でしょう!

 

 

ひふみ投信 基準価格推移を確認

 

ひふみ投信、基準価格の6ヶ月チャートです。↓

 

2018年は絶不調でしたが、クリスマス以降2019年になり、少しずつ上昇しています。

 

 

私のひふみ投信への投資成績を公開♪

 

私のひふみ投信への投資成績を公開します。

 

元本838万円が、投資によって1,429万円の評価金額まで増えました。

評価損益は、プラス591万円です!

積み立て投資の力です♪

 

資産管理ツール マネーフォワードより、私のひふみ投信資産推移です。↓

谷底は2018年クリスマスですので、確かにひふみ投信運用でも、年初来高値に近いです。

ただ、ちょうど1年前の2018年4月12日や、その後の上昇基準価格と比較しますと100万円以上のマイナスです。

株価の短期間での正確な予測はできません。

その中で、リスクを取りながらリターンを上げるためには積み立て投資が一番と考えています。

引き続き、積み立て投資です♪

 

 

 

勉強になるブログはこちらを↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)