『ひふみ投信』更なるパフォーマンスアップを期待♪ポイントは『ひふみワールド』か。

スポンサードリンク

『ひふみ投信』更なるパフォーマンスアップを期待♪ポイントは『ひふみワールド』か。

こんにちは。

kumatamです♪

私のメイン投資先は、『ひふみ投信』『セゾン投信』です。

今回は、ここ最近の『ひふみ投信』のパフォーマンスを確認してみます。

2019年10月11日の市場動向です。↓

SBI証券より

この市場動向に対しての『ひふみ投信』パフォーマンスです。↓

日経平均+1.15%、TOPIX+0.88%に対して、ひふみ投信は+0.58%です。

1日のみで評価すべきではないですが、ここ数ヶ月はこのような推移が多く、投資家に取りましてはフラストレーションのたまる状況です。

『ひふみ投信』成績を9月度月次レポートにて確認

では、9月月次レポートにて『ひふみ投信』の成績を確認してみます。↓

ここ1ヶ月では、TOPIXの+6.0%に対してひふみ投信+3.8%と大きく負けています。

3ヶ月推移でもTOPIX+3.4%に対して+0.3%です。

TOPIXに対しましては、昨年は大きく負け越した。今年前半は上回る推移でしたが、ここにきて負けています。

気になる現金比率ですが2.3%ですので、攻めている状況です。

個人的には、今は不安定な相場ですので、10%くらいの現金比率ですと暴落時に面白くなると思うのですが。

各年の収益率です。

2019年はTOPIX比較でかろうじて勝っています。

前半の貯金で稼いだ感じですね。

9月度は日経平均平均の10連騰もありましたが・・・。

9月度は日経平均の10連騰もありましたが、その割に『ひふみ投信』からの恩恵は少ない結果でした。

この結果に対してのひふみ投信 藤野社長のコメントです。↓

日本の株式市場に多い大型バリュー株が上昇したため、比較的中小型株とグロース株の比率の高いひふみには苦しい展開でした。ただその動きも9月の中盤から一服し、再度、中小型株でグロース株優位の相場展開になると予想しています。

ひふみ投信9月度 月次レポートより

ひふみ投信も途中からバリュー(割安)株への移行を考えていたようですが、それ以上に市場の動きが早かったようです。

ここからはひふみ投信得意のグロース(成長)株の上昇を予測していますので、期待しましょう♪

私の『ひふみ投信』運用成績を公開♪

私の『ひふみ投信』成績です。↓

評価金額は最高値と比較しますと、数百万レベルでマイナスですが、1,409万円です。

評価損益は、プラス558万円です。

『ひふみ投信』復調のポイントは『ひふみワールド』!?

『ひふみワールド』の運用が、2019年10月8日からスタートしました。↓

『ひふみ投信』は、このところ突出したパフォーマンスではなくなっていますが、その復調のポイントが『ひふみワールド』であると考えています。

『ひふみ投信』でも外国株比率は10~15%とけっこう大きな割合を占めています。

今回『ひふみワールド』という外国株投信を設定したことで、必然的に調査体制の強化も図られます。

そして、その最上位にあたる有望銘柄を『ひふみ投信』にも組み込んでくるでしょうから、相乗効果は高いものがあるでしょう。

それでは『ひふみ投信』オンリーでよいかと言いますとそうではなく、私は『ひふみワールド』にはそのエンジンのような役割があると考えています。

レオス・キャピタルワークス自身は、「今の総資産額でも多くはない」と明言していますので、『ひふみワールド』でもそのスタンスは同様でしょう。

そのようなスタンスですが、『ひふみワールド』の純資産総額が少ないときにこそ、その役割とパフォーマンスははっきりと現れることでしょう。

パフォーマンスは純資産総額が少ない方が高まるのは定説ですので、ここから数年が『ひふみ投信』への貢献も高まることでしょう。

楽しみです♪

ひふみ投信

勉強になるブログはこちらを♪↓


投資信託ランキング


仮想通貨ランキング

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)