投資歴と投資スタイル

スポンサードリンク

早速、2回目のブログ投稿です。 ちょっと自分の投資歴に関してお話をしておきます。 今までそこそこ投資をしてきました。 高額取りではないサラリーマンとしては、大きな割合と考えています。

その期間の中で、2006年のライブドアショック、2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災などがありましたが、なんとか生き残ってきました。 これらの経験があるからこそ、今回のイギリスEU離脱でも今のところ冷静です。

正直なところ投資せずに貯金していれば、今よりも大きな金額を貯めていたことでしょう。

個人的にはこの投資期間で、個別株では大きな損をしています。 大変な勉強代でしたが、それがあるからこそ、今があり、投資の軸が定まってきました。

今の投資主軸は、直販ファンドへの積み立て投資です。

1つは、セゾン投信です。

セゾン投信の2つのファンドは、2007年にスタートしていますが、ほぼその時期から積み立て投資しています。

■額546万円(利益152万円含む) ※この額は、今回のショックで数日後に大きく減ります。

もう1つは、ひふみ投信です。

■額727万円(利益120万円含む) 昨日のイギリス離脱で基準価格が6%以上下がりました。 ※数日前までは、800万円超えでした。 積み立て投資と共に、マーケットが大きく落とし込んだときに、資金投入しています。

他、数日前までマネックス証券経由でSMT G株式インデックスファンドに投資していましたが、万が一のイギリスEU離脱に備えて180万円分全て現金化していました。 これは今となっては、正解でした。

投資歴の中で、個別株は大負け。 一時的に大きく上がることがあっても、売るタイミングが難しいのです。 結局はほぼ大きくマイナスしています。インデックスファンドを中心とする積み立て投資は、タイミングもありますが、購入してきたほぼどのファンドでもプラスでした。

この経験で自分で学んだのが、以下の点です。


  • 自分には、銘柄選択能力がない
  • とにかく積み立て投資で持ち続けること
  • 皆が逃げているタイミングで、攻めること
  • 経済は感情で動いていること(一時的に大きくぶれる)
  • 長期視点(10年以上)
  • 資本主義経済にかわるものはない

今回、この学び通りに現金化したうちの100万円をひふみ投信に投資しました。 ベストな路線は、月曜日6月27日に日本株が大きく下げて、それ以降上昇することですが、どうなるか?

ここ最近、ひふみ投信の投資額を増やしています。 ファンドを運用する方たちの顔が見え、運用方針が明確且つ実力があると考えているのが投資理由です。 アクティブファンドとしては、信託報酬が低いのも魅力です。

ひふみ投信とセゾン投信は、今後も自分の主軸投資先になるでしょう。

ライザップイングリッシュ

おまけ

少しですが、勉強含めてビットコインを4ヶ月前ほどから購入しています。 ここ数日でも乱高下していますので、投資にはおすすめしません。 ビットコインは投資ではなく、投機の感じですが、長期間では膨張することを予測しています。

あくまで投資は、自己責任です。 仕事や生活に影響の出る投資は、投機です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ひふみ投信

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)