人生があと100年だったら? もしくは人生が残り1日だったら?

スポンサードリンク

表題の質問は、本日のForbes JAPANに掲載されたひふみ投信 藤野社長の一文です。

 

Forbes JAPANより

ひふみ投信が「オーナー経営者」に投資する理由

人生に明確な時間軸を持ち込めば、きっと自分の“本当の気持ち”が見えてくるだろう─。生き方と同じで、この「タイムホライゾン」で考えることが投資で成功するヒントになるはずだ。

 

人は今現在の時間を中心に考えてしまいますので、あと人生が100年だったらとか、あと人生が残り1日だったらということを考えることはあまりありません。

実際に私も人生があと1日だとしたら、フリーズしてしまって何もできないような気もします。

 

今回のひふみ投信 藤野社長の言葉にもありますが、時間が大切ということです。

投資の仕事をしていていつも思うのは、投資では時間が最も重要な資源であるということだ。それを専門的には「タイムホライゾン」という。要するに、投資期間のことである。

人生も投資も、時間軸を明確にして考えることが大切ということです。

藤野社長の言葉にもありますが、投資も短期間ではただの博打となってしまいますが、長期ですとよい企業を見つけることで、その企業の成長に合わせてリターンを得る確率が高まります。

人生も、今現在のみを見るのではなく、未来を見て、そしてそのことに対する具体的な行動をすることが大切です。

成功者の本を読んでも、「過去でなく、未来を見て行動する」ということを語られる方は、とても多いです。

しかし、この具体的な行動を起こすことがなかなかできないのです。

読書をして何か得たり、お金を払ってセミナーに出ても、その後に行動が伴わなければ全く意味がありません。

その点で、このブログを見て頂いている方は、投資を既にされている方も多いでしょうし、何か行動しようとされているのではないでしょうか。

動いて失敗することもあります。

ただ、失敗から学ぶことも多いですし、動かないと何も学ぶことはできません。

普通どおり何気ない生活をおくるには、投資も行動も必要ないかもしれません。

ただ、今以上にハッピーなことを得るには、リスクをとって行動することが大切です。

リスクという言葉を聞いて固まる必要もありません。

何がリスクで、どのくらいの可能性が考えられるのかを知れば、そのリスクと付き合うことができます。

私も投資の道途中ですが、多くの失敗を重ねて現在に至ります。

失敗があるからこそ、ぶれない芯ができています。

失敗は、早ければ早い方がよいですので、これから投資を始めようと考えている方は、まずは一歩踏み出してはどうでしょうか。

時間が大切です。

少しでも早く。そして長く。

 
ひふみ投信

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村

投資信託ランキングへ

インデックス投資ランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)