ビットコインは、通貨?

スポンサードリンク

先日、ビットコインに関して米国で興味深い判決が出ました。

AFP BB NEWSより

ビットコインは、本物の通貨ではない、米裁判所判決

【8月6日 AFP】米フロリダ(Florida)州の巡回裁判所で先月22日、仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」は本物の通貨ではないという判断が下されたが、皮肉にもこの判断が金融システムの影にとどまってきたビットコインの使用を促すことになるかもしれない。

同裁判所は、1500ドル(約15万円)相当のビットコインをおとり捜査官に売ろうとしたとしてマネーロンダリング(資金洗浄)などの罪に問われているマイケル・エスピノーザ被告に対する訴えを棄却した。おとり捜査官はエスピノーザ被告に対し、ビットコインを使って盗難クレジットカードの番号を買うつもりだと語ってビットコインを入手した。

エスピノーザ被告の弁護人、レネ・パロミノ氏によると、テレサ・プーラー裁判官は、個人が自らの財産を売却することは違法ではなく、本件は無認可金融サービスの運営を構成しないと認めた。この判断は、ビットコインの売買に特定の許可証は必要ないということを意味する。

プーラー裁判官は「本法廷は経済学を専門とするものではないが、ビットコインが通貨と同等になるまでにはまだだいぶかかる」とも述べた。

米バリー大学のチャールズ・エバンス教授(金融学)は「今回の判決は間違いなく、他の裁判所に対し一定の指針を与えるだろう」と述べ、他国でもビットコインの使用に付きまとう悪いイメージを回避するための判例として用いられる可能性があると話した。

法廷で専門家証人となったエバンス教授は、ビットコインには価値保存機能があり、インフレに対する防御策として使うこともできると述べ「通貨単位とはみなされないが、例えば魚やたばこを交換に使うように、交換品として使用できる」と語った。(c)AFP/Luc OLINGA

ビットコイン拡大には、いいニュースと見れますね。ビットコインの価値を高めている印象です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

金(ゴールド)と違って、元々貨幣そのものには価値はありません。国家や機関が与えた「信用」があるからこそお金に価値があると思いこんでいるのです。国家が破綻すれば、その国の貨幣価値も大きく崩れることになります。

ビットコインには、貨幣のような発行元もなく、機関の保証もないのに成り立っているのは、ブロックチェーンという「信用」に値する技術があるからです。

この技術に対する「信用」が通貨に代わる価値を与えているのです。

このニュースの影響かどうかわかりませんが、先日大幅下落したビットコイン価格が再び上昇傾向です。

ビットコイン取引所「bitFlyer」の週間チャートです。

先週、1ビットコイン50,000円を切るところまで1日で大幅下落しました。その後、改善傾向で、61,000台まで上昇しています。

「bitFlyer」取引画面でわかりますように大幅下落に気づいた8月3日9時台の時点で、2ビットコインと0.8ビットコインに分けて53,000円台で購入しています。結果的に、この「歪み」に対する投資は、今のところ成功です。

投資資金60万に対して57万円まで下落していましたが、数日で65万円まで回復しています。

ビットコインは、適正価格がわからず、投資というよりは投機です。ただ、使う地域や人間は増えていくというのが、自分の予測です。

ビットコインは、ブロックチェーン技術に裏打ちされた信用がありますが、取引所はしっかりとしたところを選択する必要があります。この点におきましては、ビットコイン取引所「bitFlyer」はピカイチの信頼感です。

大きな上下は予測していますが、ビットコインの将来性に期待して今後も状況次第で資金投入していきます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)