ビットコインの急騰と急落。取り残されることへの恐怖と急落の恐怖

スポンサードリンク

ビットコインの急騰と急落。取り残されることへの恐怖と急落の恐怖

こんにちは。

kumatamです♪

いや~ビットコインが恐ろしいくらいのスピードで上昇中です。

最高値はブーム時の200万円台ですので、上昇というよりは回復という表現が正しいのかもしれません。

数日前に「1ビットコイン100万円回復」と少し話題になっていたのですが、一気に約150万円まで上昇です。

2017年末には、230万円くらいの高値でした。

この頃はビットコインはじめとする暗号資産(仮想通貨)ブームでしたので、取引所のテレビCMも頻繁に流れていました。

「乗り遅れるな!」と投資を一度もされたことのないような方が参加される、今考えますと異常な状況でした。

そのような仮想通貨ブームもコインチェックのNEM不正流出により、一転したのは誰もが知るところです。

私もこの影響を受け、暗号資産の割合も大きく落としましたが、ここまで売却することもなく、ホールドしたままです。

売却や他の暗号資産に替えることは、あのブーム時以降、ほぼしていません。

なぜ暗号資産の売買をしないのか?

「売買をしたいけど、できない」というのが実際の状況です。

理由はと言いますと、『税金』です!

暗号資産の利益は『雑所得』にあたりますが、この税額がとにかく高いのです!

最大で50%以上が利益に対して税金で取られるのです!

「利益に対しての税金であれば、損ではないからいいじゃないか」という声が出てきそうですよね?

ただ、この判断を間違いますと、破綻に追い込まれるのです。

もちろん売却で利益確定してそのままでいれば問題ないのですが、人間必ず欲が出ます。

もう一度暗号資産の売買に手を出してしまうのです。

この再購入もプラスになれば問題ありませんが、暗号資産取引はそんなに甘くないのです。

今は暴騰中(その後、急落・・・)ですが、数時間で半額になるような動きをするのが暗号資産です。

このブログも書いている途中で一時保存していましたが、昨日あっという間に急落しました。

それも数時間という単位ではなく、数分で・・・。

もし暗号資産を再購入して価値が半分以下になりましても、その前にプラス確定した分の高額税金が翌年そのまま請求されるのです!

損益通算もできません。

リスクも高い上に税金で大きく引かれますので、余程上手い売買をしなければ、利益とはならないのです。

このようなこともあり、私はホールドし続けています。

ビットコイン急騰の要因は?

これを明確に説明できる人はいないでしょう。

フェイスブックの暗号資産発表など、話題性があったのは事実です。

また、不安定な情勢からビットコインへ退避してきたことも考えられます。

いろいろな情勢から、ビットコインに資産を移す流れが始まり、想定以上の急騰から『取り残されることへの恐怖』が始まったとの見解も出ています。

この『取り残されることへの恐怖』はFOMO(fear of missing out の略)と呼ばれています。

私も、これがビットコイン急騰に大きく影響したと考えています。

ビットコイン急騰で稼ぐという機会損失をしないために、この取引に参加するという連鎖が続いたのです。

ただ、このような短時間での急騰は、暴落も短時間でくる可能性が高いのです。

一時150万円まで急騰したビットコインでしたが・・・

6月27日の早朝4時に目が覚め、ビットコイン価格を確認しますと、驚きの150万円近くまでの急上昇でした。

コインチェックより

ただ、この後暴落するのです。

それも数分という短時間で。

ビットコイン、20分で1800ドル急落 システム障害発端か

代表的な仮想通貨(暗号資産)であるビットコインが荒い値動きになっている。27日朝方に1万3700ドル近辺で推移していた、わずか20分で1万2000ドルを割り込む水準に急落。下落率は13%に達した。世界で事業展開する仮想通貨会社の米コインベースのシステム障害がきっかけとの見方がある。フェイスブックのデジタル通貨「リブラ」への期待を追い風に急ピッチで上昇してきたビットコインだが、高値警戒感が強まっている。

日本経済新聞より

たった20分で1,800ドルですよ!

20万円近く(約13%)もの価格急落です。



暗号資産は 資産運用にはオススメしません!

私は、ビットコインをブームの前に少額でしたが、購入しています。

その頃は、1ビットコイン4万円台でした。

その後、他の暗号資産含めて購入しているのですが、ブーム以降のホールドでもプラスで推移しています。

そのような状況ですから、継続できているのです。

ちなみに昨日は、最高値の約150万円からの急落で、私の資産もそこから200万円マイナスしています。

皆さんは、このような乱高下に耐えられるでしょうか?

ここ24時間のビットコイン(BTC)チャートです。2019年6月28日1時26分現在↓

コインチェックより

150万円から断崖絶壁になっていますよね・・・。

これがビットコインを始めとする暗号資産の動きなのです!

続いて、ここ1週間のビットコイン(BTC)チャートです。2019年6月28日1時27分現在↓

コインチェックより

結果的には、1週間前と比較しますと上昇してはいるのですが、数分後にどうなるかもわからないのです。

このようなリスクを理解でき、耐えることのできる方にしか私は暗号資産への投資はオススメできません。

個人的には、暗号資産(ブロックチェーン)の将来は明るいと考えていますが。

まとめ

ビットコインの急騰と急落は、暗号資産として今後も繰り返す動きです。

前回の急騰は、ブームとして発生したものですが、今回は参加者が減った中での比較的静かな上昇です。

このことは前回と違うよい点です。

一つのきっかけで、急騰後に今回のような急落もあるでしょうが、その乱高下の中で上昇していくというのが私の予測です。

ただこればかりは誰にも当てることはできないですので、暗号資産にこれから投資される場合は自己責任での行動でお願いします。

リターンには、リスクが付き物です♪

 

勉強になるブログはこちらを↓

スポンサードリンク

シェアしてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RSS