暗号通貨、イタリアでも220億円相当のハッキング被害! 保管はハードウェアウォレットを使いましょう!

スポンサードリンク

イタリアで暗号通貨Nano流出

こんにちは。

kumatamです♪

 

先日コインチェックでNEMが不正引き出しされてから、まだまだ混沌とした中ですが、今度はイタリアでハッキング被害です。

ダイアログニュースより

仮想通貨、イタリアでもハッキング被害 220億円相当のNano流出

日本での仮想通貨取引所コインチェックでの580億円のハッキング被害に続いてイタリアでも悲劇が起きた。

イタリアの仮想通貨取引所「BitGrail」は日本時間2月10日のあさ5時30分、仮想通貨「Nano(XRB)」で不正な取引があったと発表した。

不正流出したNanoは1700万XRBで、被害総額は当時の時価(1XRB=12ドル)で220億円にものぼる。

 

コインチェックの教訓は、活かされたのでしょうか?

暗号通貨の取引所での保管は、ハッキングリスクが伴います。

今、一番安全性の高い管理は、ハードウェアウォレットでの保管です。

その安全性のため、現在、世界中でハードウェアウォレットが品薄状態です。

正規代理店も予約販売となっておりますので、早めの予約購入をおすすめします。

ハードウェアウォレットは、紛失や故障しても資産が失われることはありませんが、品薄状態を考えますと、2台の購入がよいです。

特に暗号通貨を5種以上扱っているような方は、2台以上でしっかりと管理しましょう。

リップルは、『Ledger Nano S』で管理しましょう!

 

暗号通貨は、取引所もハッキングリスクがあります!

暗号通貨のセキュリティー強化を

暗号通貨は、ハードウェアウォレットを使用しての保管が、一番安全性が高いです。

ハードウェアウォレットが故障しても、パスワードや設定ワードがあれば復旧できます♪

故障や紛失リスクを考えて、2個以上の購入をおすすめします。

★現在、予約承り中。

2月下旬入荷予定ですので、早めのご注文を。

こちらのリンクは、正規代理店です↓

オークションはもちろん、Amazonなどからの購入も不正があることがありますので、ledgerから直接購入するか、正規代理店にしましょう。

 

私も『Ledger Nano S』2台で管理しています。

ハードウェアウォレットの種類によって、取り扱いのできない暗号通貨もありますので、注意してください。

マイイーサウォレットを使用すれば、『Ledger Nano S』でバイナンス口座で扱っている『トロン(TRX)』のような数多くの暗号通貨も保管可能です。

取引所とは比較にならないセキュリティーですので、今後もハードウェアウォレットの需要は増えるでしょう。

 

せっかくの上昇基調が、このハッキング事件で下落へ

ビットコインも100万円近くに迫るなど、回復傾向でしたが、このハッキングで一気に下落しました。

 

2018年2月11日22時30分現在のコインチェック取引所の価格です。

一時より回復しましたが・・・

 

(-_-#) ピクッ 暗号通貨を「明らかに詐欺」と明言する経済専門家なんているの?

私は、この記事を読んで、唖然としました。

 

AERAより

ぐっちーとしては、技術はともかくとして、仮想通貨は現時点では明らかに詐欺と申し上げております。これに投資をするということは、儲かればいいやという、いわば「ねずみ講」で「儲かった、儲かった」と、はしゃいでいる人と同じことをやるわけで、ある意味、その人の人生観、倫理観の問題だと思っています。儲かるか否か、ではなく、人間としてやるかやらないか、の問題ですね。

こういうとき、年初から何度も言ってきた「本源的価値」を考えねばなりません。皆さんが今一度考えねばならないのは通貨とは何なのか、という点ですね。単なる紙切れなのに、なぜ物が買えたりするんだろうか、という話です。

 

この方、株式投資のメディアなどで時々見ますが、暗号通貨は素人でしょう!

仮想通貨(暗号通貨)を「明らかに詐欺」と明言していますが、何千とある暗号通貨をこの方はいくつ分析したのでしょう?

また、それら全てを明らかに詐欺と言い切れる根拠が全くありません!

皆さんも、宜しければ全文読んで下さいね。

「明らかに詐欺」と言った言葉は、もう消すことはできませんが、今後も経済評論家の肩書きで大丈夫でしょうか。

全てをひとくくりに詐欺と決めつけていますが、それではこれから暗号通貨に力を入れるSBIグループも詐欺集団ということになりますが、ぐっちーさん、それでよいのですよね?

SBI北尾氏の前で、果たしてそのコメントをできるのでしょうか?

 

また、仮想(暗号)通貨を全て『通貨』として捉えていますが、「わかってないなぁ」と思います。

『仮想(暗号)通貨』となっていますが、全てが『通貨』としての役割を持たせようとしているわけじゃないですよ。

本当にそのあたりをわかってのコメントなのでしょうか。

 

発言力のある著名な方が、『明らかに詐欺』とコメントするのは、何かしら市場に影響をもたらせます。

株式投資であれば、『風説の流布』になるのではないでしょうか。

この方が、今後、暗号通貨を売買することはないでしょうが、暗号通貨が普通になくてはならない存在になっている未来が来るでしょう!

それは、現在の『通貨』とは異なることを理解してくださいね。

ぐっちーさん、勉強不足ではないですか?

 

暗号通貨(仮想通貨)に興味があるなら・・・

暗号通貨は信頼ある取引所を使い、資産は自分で守りましょう

私は、bitFlyer・コインチェック・Zaifに口座を開いています。

bitFlyerは、出資企業に大手も多いですので、その点の資金力や信頼性も高いです。

手数料が他社より少し高めですので、私のような取引の少ない人向け。

なんといっても信頼度No.1!!

テレビCMでもおなじみ!↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaif(ザイフ)は、取引手数料がとにかく安いですので、暗号通貨を購入する時に、お得度で1番のおすすめです♪

なんと取引手数料がマイナス0.01%!!

取引するほど、プラスになるのです。

キャンペーン期間中は、更にお得です!

NEM、モナコイン購入は、Zaifで! ↓

バイナンスも口座開設しています♪

国内企業にはない暗号通貨の取扱い数と手数料の安さが魅力です!

バイナンスは、スマホアプリよりもPC画面が日本語表記もありますので、わかりやすいです。

アルトコインとハードフォークに備えるならバイナンスで! ↓

全て公式サイトですので、安心してください。

口座開設も、とても簡単です。

最初から高額取引はオススメしませんが、少額で暗号通貨投資の勉強もよいのではないでしょうか。

勉強になるブログはこちらを↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)