目立たないようで実力派のセゾン投信 評価損益はどうなった?

スポンサードリンク

目立たないようで実力派のセゾン投信 評価損益はどうなった?

こんにちは。

kumatamです♪

最近、私の資産は「あまりよい動きじゃないなぁ」と思っていましたが、株式市場的には悪くもなかったのですね。

今回あらためて自身のメイン資産と株式市場を比較して、状況がわかりました。

では早速、グラフで比較確認してみます。↓

Yahoo!ファイナンスより

青:ひふみ投信 ピンク:TOPIX 緑:JASDAQ 黄色:セゾンバンガード・グローバルバランスファンド 紫:セゾン資産形成の達人ファンド

グラフは6ヶ月推移ですが、この5つの指標で比較しますとセゾン投信は、1位と2位です。

うーん、と言いますか、ひふみ投信がよくないですね。

ひふみ投信は、TOPIXにも大きく劣り、JASDAQと同様にここ6ヶ月は低迷していることがわかります。

米国中心に株価が堅調であったこともありますが、セゾン投信の2つのファンド、すごいですね。

特にセゾン資産形成の達人ファンドは、実力派ファンドと言えるでしょう。

続いて1年間推移です。↓

Yahoo!ファイナンスより

青:ひふみ投信 ピンク:TOPIX 緑:JASDAQ 黄色:セゾンバンガード・グローバルバランスファンド 紫:セゾン資産形成の達人ファンド

1年間推移で、ようやくひふみ投信も上昇傾向ですが、それでもTOPIXと差がありません。

ここでもセゾン資産形成の達人ファンドは、1位です。

1年間推移ですと、米国NASDAQ市場には負けますが、S&P500を上回っています。

アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック、テスラ、アルファベットなど、米国を代表する巨大且つ成長企業を中心とするNASDAQにはさすがにかなわないですが、S&P500を上回っているのは立派です。

私のセゾン投信運用成績

セゾン投信は、ひふみ投信と共に私のメイン投資先です。

長期投資で、毎月積み立てているファンドです。

その成績を確認します。↓

マネーフォワードMEより

1年間推移ですが、きれいに上昇していますね♪

マネーフォワードMEより

評価額は、1,143万円です。

評価損益は、293万円となっていますが、2016年末に損益通算のため一時全売却後、すぐ買い戻しという行動をしています。

この時点で248万円の評価益がありましたので、合計は541万円の評価益となります。

セゾン投信に投資をして、税前ではありますが、541万円も増えていることになります。

優秀なファンドですよね!

どのような相場でも積み立て続けることが大切

この評価益だけ見ますと、セゾン投信ってすごいと感じると思いますが、スタート直後には大きくマイナスしていることもありました。

そのような下落相場でも、ひたすら積み立て続けたことが結果に繋がっています。

ここ数年は、ほとんど臨時購入していませんが、以前は株式市場大暴落というときに追加という行動をとっていました。

周りが感情に支配されて投げ売りしているときに、逆の行動をしてきたことが、リターンに繋がっています。

株式市場がどのように動くかは長期ではある程度想定できても、短期予測は不可能というのが私の考えです。

わからないのであれば、積み立てしかないという考えです。

ゴールはまだまだ先です。

感情を入れずに地道に積み立てていきます♪

投資信託|セゾン投信|動画バナー(積立)234*60

勉強になるブログはこちらを↓

スポンサードリンク

シェアしてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)