【ふるさと納税】まだまだ間に合う!!サラリーマンにおすすめワンストップ特例制度は急ぎましょう♪

スポンサードリンク

【ふるさと納税】まだまだ間に合う!!サラリーマンにおすすめワンストップ特例制度は急ぎましょう♪

こんにちは。

kumatamです♪

皆さん、ふるさと納税はもうお済みですか?

ふるさと納税期間は年末までですが、サラリーマンの皆さんにとても便利な『ワンストップ特例制度』で注意が1つあります。

私のダントツNo.1のおすすめは、何度も紹介させて頂いている静岡県小山町です。

【小山町のふるさと納税の「ふるなび」サイトこちら】

『ふるなび』サイトにもワンストップ特例制度の注意事項として以下の内容が掲載されています。

『ワンストップ特例制度』は、サラリーマンの方でも確定申告不要のめちゃくちゃ便利な制度なのですが、小山町ですとその申請用紙の送付が12月24日までのふるさと納税分に限るという内容です。

『ふるさと納税』は、

  1. 申請
  2. 封書:自治体からの納付証明+ワンストップ特例制度申請用紙の送付
  3. お礼品の送付

という流れで、返礼品の前に封書が送られてくるのです。

封書の中に『ワンストップ特例制度申請用紙』が入っているのですが、小山町ですとそれが送付されるのが12月24日までの申請分までなのです。

急ぎましょう!!

ただ、『ワンストップ特例制度申請用紙』は総務省ホームページでダウンロードできますので、焦ることはないのですが(笑)。

 

 

ふるさと納税は、本当にお得!信じてください(笑)

先日、会社の人から

Aさん
ふるさと納税されましたか?

という質問を受けました。

その方は『ふるさと納税』をしようと考えているようでしたが、いま一つわからないので迷っているようでした。

私の出番ですね♪

私はワンストップ特例制度開始前から、確定申告含めて実践していますので、わかりやすく説明してあげました♪

その方が、驚いていたのが実質の負担金が2,000円のみで済むという点です。

2,000円の負担は知っていたようですが、返礼品1品に対してか、10,000円のふるさと納税に対してなのかと思っていたようです。

違うのです!

1年通して2,000円です!

いくらの返礼品でも実質負担2,000円♪

※限度額には気をつけて。

何個の返礼品でも2,000円♪

※ワンストップ特例制度は5個以内です。

 

最終的にその会社の方は、

Aさん
めちゃくちゃ、お得過ぎるじゃないですか!本当ですか?!

と驚きのコメントでした。

 

多くの方がこの方と同じように、ふるさと納税の中身を知らないと思うのです。

だから、やらない(笑)。

 

繰り返しますが、やらない理由がわかりません(笑)。

本当にもったいないです。

 

 

ふるさと納税を簡単に説明

今はワンストップ特例制度という確定申告不要の制度があるのです。

これを使えばサラリーマンの方も全く心配ありません。

『ふるさと納税』は、プレゼント(返礼品)付 先払い納税制度です。

 

簡単にお伝えします。

まずは、自分の年間収入を確認します。

この収入に応じてふるさと納税限度額が決まります。←これ重要!

その限度額がわかりましたら、あとは簡単。

好きな自治体で好きな返礼品を選べばよいのです。

仮に5万円分を納税しましたら、そこから2千円だけ引かれて、48,000円は後から税金として引かれないのです。

ワンストップ特例制度の場合は、来年の6月以降の住民税から控除されます。

住民税を先に払うイメージです。

ふるさと納税をされない理由を挙げるとしますと、今手持ち金(引き落とし口座)がないということは考えられるかもしれません。

今、少し余裕があり、返礼品が2千円以上の価値があると思えばふるさと納税すべきなのです!!!

心配であれば、ふるさと納税サイトにも詳細がありますので、確認してみてください。

返礼品のおすすめは、繰り返しますが静岡県小山町です。

 

小山町はふるさと納税サイト『ふるなび』でも人気ナンバー1の自治体です!↓

 

【小山町のふるさと納税はこちら】

 

Amazonギフト券、サーティワン商品券、リンガーハット(長崎ちゃんぽん商品券)、JCBギフトカードはじめ、魅力的過ぎる内容です。

 

『ふるなび』の総合ランキングでも、小山町のサーティワンアイスクリーム商品券がナンバー1!↓

 

 

ギフト券、商品券部門では1位~3位独占です!

大人気の小山町♪↓

 

【小山町のふるさと納税はこちら】

 

小山町にはJCBギフトカードもありますよ♪↓

↑「JCBギフトカード○万円分 静岡県小山町の特産品を買おう!」

さすがの攻めの表記です(笑)。

25,000円のふるさと納税で、10,000円のJCBギフトカード。

50,000円のふるさと納税で、20,000円のJCBギフトカード。

すごいです♪

 

私も返礼品として受け取った『Amazonギフト券』も継続中です♪↓

【小山町のふるさと納税はこちら】

25,000円のふるさと納税で、10,000円Amazonギフト券。

50,000円のふるさと納税で、20,000円Amazonギフト券。

それ以上の設定もあります。

私は既に50,000円の小山町Amazonギフト券でふるさと納税し、返礼品も頂いています♪

返礼品還元率は40%です!

50,000円のふるさと納税でしたら、実質2,000円負担で20,000円分のJCBギフトカードやAmazonギフト券を手に入れることができるのです!!!

小山町Amazonギフト券は最近は平日も掲載されていますが、週末限定のときや時々削除されますので、迷っている暇はありません。

今、小山町Amazon券はふるさと納税後、送付まで2ヶ月ほどかかるようです。

こんなにメリットばかりのふるさと納税をなぜしないかがほんと不思議です。

(^。^;)

【小山町のふるさと納税はこちら】

 

※上手くJCBギフトカードやAmazonギフト券が表記されない場合↓

 

スマホ画面ですと、「返礼品を絞り込む」をタップします。

 

その後、「フリーワード検索」で『JCB』や『Amazon』を入力検索しますと、下の方に出てくるはずです。

政府が返礼品還元率を30%以下に抑えこもうとしていますので、この返礼品率も今年と長くても2019年前半まででしょう。

 

本当にお得です!

 

動きましょう♪

 

 

勉強になるブログはこちらを↓

スポンサードリンク

シェアしてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RSS