ファイナンシャル プランニング技能士(FP)試験の合格率 2017年9月試験追加版

スポンサードリンク

ファイナンシャル プランニング技能士試験

定期的に更新していますファイナンシャル プランニング技能士試験の合格率情報です。

2017年9月試験の結果が少し前に出ていましたので、遅くなりましたが掲載致します。

私のファイナンシャル プランニング技能士2級と3級の合格に関しては、こちらに記してあります。

これから試験を受けられる方の参考になれば幸いです。

 

FP試験合格率推移

まずは3級です。

学科は、いつも以上に高い合格率ですね。

実技も金財、FP協会共に高い合格率ですので、受かりやすい問題であったことがわかります。

7割以上の合格率でしたので、試験としてはもう少し難易度があってもよいかもしれません。

 

FP試験2級結果です。

9月の学科試験は、2級もとても高い合格率でした。

金財ですと、学科は20%前半くらいが平均ですので、30%超えは高すぎです。

受験者にとってはよいですが、資格の価値という点では簡単にし過ぎないことも大切です。

実技も2級で5割超えは高すぎです。

 

FP資格は役に立つのか?

投資という点に絞って今回は考えてみます。

結論としては、知識として持っていて損はないということが言えます。

普段何気なく関わっている税金など、お金に関することを内容を持って知ることができますので、お金に関する思考の基盤を築くことができます。

ただ、その基盤を活かすには、行動することが必要になります。

投資は、考えるよりも少額でも実際に行動してみないと力はつきません。

何度も失敗して、そのいろいろな失敗から自分に最適な投資スタイルを確立できるのです。

FP資格も、投資本を読むことや、説明会に参加することや、実際に投資することなどの知識経験の一つとして役立つことでしょう。

また、大人になってからの仕事以外の勉強はけっこう新鮮ですし、心を落ち着かせる感じがあると私は感じました。

これから受験する方は、合格後にどのように活用するのかを考えて勉強することが大切です。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)