ビットコイン、暗号通貨とブロックチェーンの未来

スポンサードリンク

一時期停滞していたビットコインにここ数日、上昇の動きが見られます。

1日でこの上昇分を打ち消す下落もありますので何とも言えませんが、将来的にはビットコインの価格が上がるという予想に変わりはありません。

ビットコインに使われているブロックチェーンという技術が、インターネットのような大きな発明になると予測している方も多くいるようです。

ビットコイン(暗号通貨)とブロックチェーンの将来性に関してわかりやすい掲載がありました。

長い文章ですが読む価値ありです。

WIREDより

 

暗号通貨の新世界

ビットコイン進化論

来るべき13のステップ

 

ビットコインには意味がない」と言われている。

当時、世界最大のビットコイン取引所であったマウントゴックスの閉鎖(2014年2月)を見て、いつなくなるか不安な貨幣など所有する「意味がない。その匿名性ゆえに闇取引などに使用されてきた犯罪性を見て、そのような世界とは無縁の暮らしをしているから「意味がない。あるいは乱高下を繰り返す為替レートを見て、ギャンブル性の高い不確かな通貨にあえて手を出す「意味がない。クレジットカードがあれば、PayPalがあれば海外送金もできるから、“もうひとつのお金”をもつ「意味がない」…。

果たして、本当にそうだろうか。

2014年1月、ニューヨーク・タイムズ』紙に「ビットコインはなぜ重要なのか」という言説を寄せた投資家マーク・アンドリーセンは1年後、自身の論に対して寄せられた批判に対してTwitterで反論し、それでもやっぱり重要だ」と宣言している。事実、ビットコイン活用の芽を探る多くのスタートアップが生まれ続けている。どうやらビットコインには、ただの「通貨」を超えた可能性が潜んでいるのだ。

以下、その理由を見ていこう。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

将来性を感じますね。

本日までのビットコイン投資額は、60万円で、評価額は69万円です。

よい動きですね!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)