【ひふみ投信】評価損益でプラス800万円を突破!積み立て投資の力

スポンサードリンク

【ひふみ投信】評価損益でプラス800万円を突破!積み立て投資の力

こんにちは。

kumatamです♪

私のメイン投資先の一つであるひふみ投信が好調です。

各指標と比較しながら、その状況を確認します。

2020年8月24日の日本市場です。↓

SBI証券より

この指標に対して、ひふみ投信です。↓

ひふみ投信ホームページより

TOPIXのプラス0.19%に対して、ひふみ投信はプラス0.67%で、基準価格は53,500円台を回復しています。

ひふみ投信の基準価格最高値まであと少しですね♪

ひふみ投信と日本の各株式指標を比較

ひふみ投信の好調さは、次のグラフでよくわかります。↓

Yahoo!ファイナンスより

青:ひふみ投信  ピンク:日経平均

緑:TOPIX  黄:JASDAQ

6カ月推移ですが、日経平均、TOPIXのみではなく、JASDAQを大きく上回る成績です。

この期間のひふみ投信は文句なしです。

ひふみ投信の評価損益でプラス800万円を突破

 

ひふみ投信の評価額と評価損益を確認します。↓

マネーフォワードMEより

ひふみ投信とひふみワールドを合計して1,698万円の評価額に対して、評価損益はプラス814万円になりました!

SBI証券を通してのつみたてNISAでのひふみプラス投資もあるのですが、ここでは除外しています。

税引き前ではありますが、800万円を超える利益はすごいです。

積み立て投資とひふみ投信の力です。

 

マネーフォワードMEより

6カ月推移のグラフでわかりますが、3月半ばに新型コロナウイルスの影響で、評価額は1,200万円を下回っています。

その下落から600万円もプラスしているのです!

5カ月でプラス600万…。

一月100万円以上ですので、すごい回復ですよね。

長期投資では、大暴落は何度も経験することになりますが、多くの場合が戻すんですよね。

このあたりは、積み立て投資を長年続けると感覚的に理解でき、加えて精神的にも強くなってきます。

個別株で短期間に大きく上昇させることもできますが、リスクが大きいのも事実です。

自身でセレクトした投資信託で、投資銘柄を増やすことでリスクを抑えることも大切です。

私のような高い給料ではないサラリーマンでも、リスクを少し抑えても○百万円というリターンを得ることができます。

長期投資の面白さですね♪

ひふみ投信

勉強になるブログはこちらを♪↓


投資信託ランキング


仮想通貨ランキング


スポンサードリンク

シェアしてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RSS