『ひふみワールド』の運用レポートを確認♪現金比率はまだ30%以上!

スポンサードリンク

『ひふみワールド』の運用レポートを確認♪ 現金比率は まだ30%以上!

こんにちは。

kumatamです♪

私にとりまして、ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)はメイン投資先の一つです。

ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)が新規に運用開始した『ひふみワールド』ですが、私は運用スタートで10万円を購入しました。

2019年11月12日時点の基準価格です。↓

基準価格でわかりますが、約5%の上昇です。

好調な市場に助けられた印象ですが、運も実力ですので、約1ヶ月間での上昇率としましては満足のいくものでしょう。

基準価格・純資産総額チャートです。↓

純資産総額も70億円を超えてきました。

『ひふみワールド』の中身をチェック♪

その2019年10月8日に運用スタートした『ひふみワールド』の10月度月次報告書が発表されました。

正式なベンチマークではありませんが、『MSCI ACWI ex JAPAN』という指標が比較対象として掲載されています。

MSCI ACWI ex JAPAN=MSCI Inc.が開発した、日本を除く世界の先進国、新興国の株式を対象として算出している指数

資産配分比率など気になる情報です。↓

組み入れ銘柄は既に79となっています。

少数銘柄に集中投資するのではなく、分散投資でリスクを抑えていることがわかりますね。

注目は、現金比率です。

予測していた通りではありますが、34.6%という高い数字ですので、現金をまだ豊富に持っていることになります。

この状況での約5%の上昇ですので、パフォーマンスは高いです!

スタートしたばかりということでの現金比率ですが、市場の暴落に備えて通常時でも10%~15%くらいはキープして頂きたいです。

今はそのような不安定な市場環境ですので。

国別比率ではアメリカが39.2%と、現金比率を考えますと圧倒的な割合です。

米国株の強さを考えますとこの選択は安心できました。

『ひふみワールド』注目の取り扱い銘柄は?

『ひふみワールド』がどのような銘柄を扱っているかは、とても気になるところです♪

上位の10銘柄が掲載されていますので、確認していきます。↓

VISAのような誰もが知っていて、『ひふみ投信(ひふみプラス)』にも採用されている銘柄ももちろんありますが、日本ではメジャーではない銘柄も見られます。

このあたりが『ひふみワールド』の特徴なのでしょう。

組み入れ比率が最上位でも1.4%ととても低いのは想定外でした。

スタートで資産総額が低い状況ですので、トップであれば5%くらいは組み入れて集中投資すると考えていたからです。

私は『ひふみワールド』には、強い『アクティブ』を望んでいましたので、この守りを重視した資産配分は残念ですが、マーケット全体での上昇予測もあるのでしょう。

『ひふみワールド』今後も注目です♪

ひふみ投信

勉強になるブログはこちらを♪↓


投資信託ランキング


仮想通貨ランキング



スポンサードリンク

シェアしてくださいね♪

2 件のコメント

  • ひふみの報告会をYoutubeで見ましたが、これからドンドン米国株を買い増しするようで、楽しみですね。組み入れ銘柄を見るのも勉強になります。

    好調な米国に比べると、日本のマーケットが先細りしていかないか心配になりますね。

  • タカ様

    こんにちは。

    『ひふみワールド』がどのような銘柄を組み込んでくるか楽しみですね♪
    現金比率も高いですので、今は市場環境の変化にも対応できますし。
    妥協して購入ではなく、自信を持って分析された銘柄への投資が望まれますね。

    米国市場は、いくら資金があっても足りないというのが現実と思いますが。

    タカ様のおっしゃるとおり、将来的な日本のマーケットは心配です。

    出る杭は打たれるようなことが多いですので。

    今回もコメントありがとうございます
    m(__)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    RSS