『日経CNBC』仮想通貨イベント~なんとロジャー・バー氏とジハン・ウー氏が登壇!!

スポンサードリンク

大イベント重複 どちらに行く?

こんにちは。

kumatamです。

 

本日2018年11月18日は、大きなイベントが重複しました。

一つは、私も愛用するマネーフォワードが主催する『お金のExpo2018』です。

 

『お金のExpo』は、昨年も参加し満足いくものでしたので、今年も予約して支払いも完了しました。

 

そして、今年はこの方の登壇があるのです!

落合陽一氏です♪

 

ただ、予約後に日経新聞に魅力的なイベント広告が出ているではありませんか!

 

暗号通貨(仮想通貨)に関するイベントです。

『日経CNBC Future of Money~マネーの未来を探る』

 

ただの暗号通貨イベントであれば、迷わず『お金のExpo』に今年も参加したことでしょう。

ただ、登壇者が豪華過ぎなのです!!!

 

よくぞ、このメンバーを集めたと!

 

暗号通貨知識が少しある方であれば、本当、驚きのメンバーなのです!

 

マネーフォワード『お金のExpo2018』には申し訳ありませんが、今回はこちらのイベントに参加しました。

m(__)m

 

驚きの登壇者たち!

最初、日経新聞でイベント広告を見たときに、「本当に来てくれるの?!」と、驚きと不安があったのがこのお二方です。

 

日経CNBCイベントページより↓

ロジャー・バー氏とジハン・ウー氏です。

 

暗号通貨に投資している方であれば、このお二方を知らない方はいないという存在です。

 

しかも、先日のビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォーク問題で、中心の中心である人物です。

 

正直、私は「直前キャンセルもあるな」と思ってました(笑)。

 

実際には、お二方共に無事登壇してくれました♪

ヽ(^。^)丿

他の登壇者方々も、主演級の皆様ばかりなのです!

 

私が参加されたセッションのみ、登壇者の皆様を紹介致します。↓

 

森川氏は、以前の『LINE』社長とお伝えすればおわかりかと。

福島氏は、『Gunosy(グノシー)』の創業者ですよ~。

現在も取締役をされながら、子会社の現職に異動されて注力されています。

山田氏、イケメンすぎる・・・。

 

 

イベントスケジュール

イベントは、A会場とB会場に別れて開催されました。

 

私は、A会場のセッションに参加です♪

 

 

ビットポイント小田社長のオープニングトークからスタートです。

 

個人的にはリミックスポイントの話が気になりました。

 

続いてのセッションでは、藤巻健史さんが登壇です。

 

藤巻節の興味ある話が盛り沢山でした。

 

セッション後には、藤巻さん著本にご本人よりサインを頂きました♪

 

 

昼食後のセッションは、ロジャー・バー氏の登場です!

 

同時通訳機を用いてのセッションです。

 

「ビットコインキャッシュこそが、世界で使えるマネー。現在のビットコインはそれを備えていない」

 

このようなコメントを残されています。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、先日のハードフォークで今もいろいろありますので、この点をいろいろ聞きたかったのですが、この時期にこの会場に来てくれただけでもすごいことだと思います。

 

登壇中に、ビットコインアプリの紹介をされました。

ダウンロード後のQRコードスキャンで、0.00263172BCH(約100円)のプレゼントがありました♪

 

続いては、森川氏、小田氏、林氏のセッションです。

 

個人的には、『One Tap BUY』林社長の投資畑で培ってきたお言葉が響きました。

 

「大切なのは基礎。応用はその基礎からきているものであるので、どんなことも理解不能なものはない。応用から入りたがることが多いが、基礎が大切」

 

言葉は違うと思いますが、このような内容を仰られていました。

 

 

続いて、ジハン・ウー氏、福島氏(Gunosy創業者)、山田氏のセッションです。

本日、ジハン・ウー氏がこの場にいることが奇跡です!

 

ロジャー・バー氏講演では、ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォーク問題には触れられませんでしたが、ジハン・ウー氏は、しっかり話してくれました。

 

このコメントをジハン・ウー氏本人が語ることを直接聞けただけでも、価値大です。

ジハン・ウー氏は、現在のビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォーク問題を「カオス」と表現されています。

そして、そのハードフォーク要因となったSV(サトシヴィジョン)の中心人物クレイグ・ライト氏を「悪い人」と言っています。

そして、クレイグ・ライト氏が「責任を負うべきだ」と。

 

また、BCH(ABC)のコミュニティーの大きさを強調されていました。

 

クレイグ氏のすることは、愚かであるとのスタンスです。

 

直接にジハン・ウー氏を見ることはもちろん初めてだったのですが、少しイメージが変わりました。

 

もっと裏があるダークな感じがあるかと勝手に思っていたのですが、しゃべり方や表情からクリーンな印象を受けました。

 

香港証券所の指導もあり、詳細は話せないとのことでしたが、Bitmain社の上場準備も順調に進んでいるとのことです。

 

繰り返しますが、この時期にほんとよく来てくれたなぁと。

(^。^;)

 

最終セッションは、『e-cash』考案者のデビッド・ショーム氏と聞き手のスティーブ・リー氏です。

 

この登壇者デビッド・ショーム氏も、聞けることに感謝なのですが、聞き手のスティーブ・リー氏の通訳(日本語+英語)と話のまとめ方は圧巻でした。

 

頭がよいとは、このようなことをいうのだとあらためて思いました。

 

戦利品は?

まず、本日のイベントは、無料なのです!

 

このセッション内容で無料であることだけでも驚きなのですが、その他にもいろいろ頂きました。

 

トートバッグとボールペンと水。↓

 

ビットポイント小田社長の本3冊。

販売されている本が、3冊とも無料でプレゼント♪↓

 

ビットポイントクリアファイル、カレンダーとビットコイン型のチョコレートです♪↓

 

本日のイベントは、大満足の内容でした!

 

暗号通貨は今下落していますが、決済や送金というブロックチェーン技術で見た場合にとても将来性が高いことをあらためて感じました。

 

現在は機関投資家が参入していない状態であり、環境が整備され、参入が始まるとフェーズが変わるというのが登壇者の共通認識であるように感じました。

 

やはり、分散投資として私は暗号通貨資産をまだホールドしていきます。

 

今後、このようなメンバーでのイベントは、難しいのではないでしょうか。

 

無料で、このイベントを開いて頂いた主催、協賛、登壇者の皆様に感謝です。

 

ありがとうございました!

 

 

勉強になるブログはこちらを↓

暗号通貨は、取引所もハッキングリスクがあります!

暗号通貨のセキュリティー強化を

暗号通貨は、ハードウェアウォレットを使用しての保管が、一番安全性が高いです。

ハードウェアウォレットが故障しても、パスワードや設定ワードがあれば復旧できます♪

故障や紛失リスクを考えて、2個以上の購入をおすすめします。

★今なら2個の購入で10%OFFのようです♪
こちらのリンクは、正規代理店です↓

オークションはもちろん、Amazonなどからの購入も不正があることがありますので、ledgerから直接購入するか、正規代理店にしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)