ビットコイン~コインチェック和田社長の言葉から2018年を予測する

スポンサードリンク

2017年は本当に仮想通貨元年でした

2016年末に暗号通貨取引所bitFlyerが、日経新聞に『2017年は、仮想通貨元年』という全面広告をうちました。

このことは、ブログでも掲載させて頂きました。

私は、ビットコイン投資を2016年2月から開始していますが、日経新聞に大々的によく広告出したなぁというのが正直な印象でした。

ビットコイン投資が広がりつつありましたが、日々のニュースで扱われることも少なかったですので、一般的にはまだまだ怪しい存在であったのです。

それが今ではビットコインや他の暗号通貨(仮想通貨)がニュースにならない日はありません。

私は、海外で仮想通貨ではなく暗号通貨という言葉が一般的ですので一貫して使うようにしているのですが、この1年で『仮想通貨』で浸透してしまいましたね(笑)

 

今日もリップルが300円に迫る上昇をしました。

年始には1円にも満たない価格だったんですよ!

あらためて暗号通貨の勢いを感じました。 ちなみに私はリップルを持っていません。

20円台が長期間続いていましたので、いくらでもチャンスはあったのですが、自分なりに情報収集した上で投資しませんでした。

判断ミスですね。

 

コインチェック和田社長の言葉

今後の暗号通貨を読み解くコインチェック和田社長の興味深いインタビューです。

ほんと聞きたいことを語って頂いておりますので、引用が増えてしまってすみません。

 

CNET JAPANより

 

ビットコインの取引スピードに関しては?

ビットコインでは、手数料の高騰やトランザクションのスピードから決済面で使いづらいなどの課題がありますが、それを解決するにはハードフォークするしかありません。これにはビットコイン開発者も悩んでおり、サイドチェーンやライトニングネットワーク、ペイメントチャンネル(それぞれ送金手数料を引き下げ、トランザクション速度を高速化する技術)でこれらの課題を解決しようとする動きも出ています。ただし、ライトニングネットワークは理論・実験段階ですし、ペイメントチャンネルもこれからです。

 

coincheck paymentに関しては?

coincheck paymentの導入店舗数は増加していますし、ビットコインを持つ人も増えた結果、決済額も伸びています。用途も、インバウンドよりも国内での利用が多くを占めます。しかし、ビットコインの現状を考えると、それ以外の通貨を使った決済も検討しています。その点、ビットコインキャッシュなどは、ブロックもすいており、トランザクションも多くないため決済に向いているでしょう。

 

仮想通貨の税制に関しては?

仮想通貨に特別税制が設けられる可能性はあると思います。税金を少なくして取引を活発化し、その結果、取引の総量が多くなるのであれば、仮に税率を20%に下げたとして最終的な税収が多くなる見立てもあるでしょう。産業を育てる意味も含め、特別な税制が設けられる可能性が高いと個人的には感じています。なお、仮想通貨の業界団体ではすでに税制面での働きかけを進めています。

 

暗号通貨(仮想通貨)の確定申告に関しては?

確定申告シーズンの1~2月には対策を発表する予定です。ただし、取引そのものの計算が大変なんです。私たちの取引所内の行動なら把握できますが、海外の取引所を利用していた場合は取引履歴を把握するのが難しくなるので、正しい損益が出せません。

 

仮想通貨交換業者の登録が遅れているが?

継続審査となっているのは、扱っている通貨の多さが背景としてあります。ビットコインやリップル以外にも、さまざまな通貨を扱っていますが、それぞれを金融庁としてはしっかり確認したいところだと思います。

 

今後のコイン取り扱い数は?

コインの取り扱いは、さらに増やす方向で検討しています。最近までは、急激なユーザー数の増加や法律対応などで、社内体制の整備に追われてしまい、ビットコインキャッシュ以降のコインを増やせていませんでした。コインは近いうちに追加していきたいと思います。

 

私は、暗号通貨(仮想通貨)の税制と確定申告のことが気になりました。

より暗号通貨(仮想通貨)が拡大するには、法整備など体制を整えることが必要です。

また、現在の雑所得扱いの税制が暗号通貨の拡大を抑制してしまう可能性がありますので、できる限り早く税制改定してほしいです。

今回のインタビューは、ぜひCNET JAPANにて全文を確認してみてくださいね。

暗号通貨(仮想通貨)に興味があるなら・・・

暗号通貨は、信頼ある取引所を使いましょう

日本の暗号通貨取引所でしたら、ほぼ問題ありませんが、私はbitFlyer・コインチェック・Zaifに口座を開いています。

 

bitFlyerは、出資企業に大手も多いですので、その点の資金力や信頼性も高いです。

手数料が他社より少し高めですので、私のような取引の少ない人向け。

なんといっても信頼度No.1!!

テレビCMでもおなじみ!↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

コインチェックは、暗号通貨の取り扱い数が素晴らしいです。

暗号(仮想)通貨に興味があるなら、まずはコインチェックの口座を開設すべきです。

また、スマホ画面が見やすいですので、この点は初心者さんにもオススメです。
出川さんCMも話題! ↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

Zaif(ザイフ)は、取引手数料がとにかく安いですので、暗号通貨を購入する時に、お得度で1番のおすすめです♪

なんと取引手数料がマイナス0.01%!! 取引するほど、プラスになるのです。

キャンペーン期間中は、更にお得です!

NEM、モナコイン購入は、Zaifで! ↓

 

バイナンスも口座開設しています♪

国内企業にはない暗号通貨の取扱い数と手数料の安さが魅力です!

バイナンスは、スマホアプリよりもPC画面が日本語表記もありますので、わかりやすいです。

アルトコインとハードフォークに備えるならバイナンスで! ↓

 

全て公式サイトですので、安心してください。

口座開設も、とても簡単です。

最初から高額取引はオススメしませんが、少額で暗号通貨投資の勉強もよいのではないでしょうか。

 

勉強になるブログはこちらを↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)