『持ち家VS賃貸 どちらが得か?』この問題に対する考え

スポンサードリンク

『持ち家VS賃貸 どちらが得か?』この問題に対する考え

こんにちは。

kumatamです♪

『持ち家VS賃貸』

この議論は、永遠のテーマと思われるほど多くのところでされていますよね。

この問題に対して、私なりの考えを今回述べていきます。

結論を先に申しますと、私は『賃貸派』です。

『持ち家派』の方からしますと、「持ち家の良さをわかっていないなぁ」というご意見になると思いますが、『賃貸派』としての考えを今回述べていきます。

『持ち家』・『賃貸』のメリットとデメリット

『持ち家派』の皆さんの意見は、以下のようなものではないでしょうか?

・賃貸は家賃を払い続けないといけないが、持ち家は返済後自身の資産となる

・賃貸住宅と比較して建物のグレードが高い

・一戸建てであれば、騒音を気にしなくてもよい

・定年後も家賃の心配がいらない

このようなメリットを挙げられるでしょう。

反対に賃貸派の皆さんは、以下のようなメリットを挙げられるでしょう。

・ライフスタイルの変化に対応できる

・まとまったお金がなくても住める

・環境の良し悪しで、転居できる

・これからの時代、住宅は余ってくるはずだ

それぞれの意見には、「確かに」ということもありますが、『持ち家派』の皆さんの中にはステイタスという気持ちの部分も大きいのではないでしょうか?

日本は高度経済成長の時から「家を持つのが当たり前」という価値観が大半になるような時代でした。

一家の主たるもの、家を持って一人前という考えです。

この考えは、国にとりましても経済を成長させることになりますから、いろいろなサポートを含め、推進してきたわけです。

ただ、現代はライフスタイルや考えも多様化しており、そのような国の方針や今まで一般的であった考えとは異なることもスタンダードとなってきています。

このように考えが多様化した中で冷静に考えましても、やはり私は『賃貸』という選択になってしまいます。

なぜ、私が『賃貸』を選択するのか?

先程、賃貸派の意見として挙げさせて頂いた考えももちろんあります。

ライフスタイルの変化というものです。

このライフスタイルの変化は、自身が望まなくても出てきてしまいます。

昔は『終身雇用』が一般的でしたが、現代は定年まで勤められる安定した企業が少なくなってきています。

また、望まない転勤もあるでしょう。

35年ローンなど、何十年も先までかかる支払いを続けていくという未来を正確に描ける方は、どのくらいいらっしゃるのでしょうか?

何千万円もの金額のローンを払っていくというのは、普段投資をしている私からしますと本当に大きなギャンブルに思えるのです。

未来に何が起こるかわからないという大きな賭けと共に、自らチャレンジもできなくなるというデメリットが『持ち家』にはあると考えます。

このようないろいろな要因がありますが、私が『賃貸』を選択する最大の理由は、投資機会を失いたくないというものです。

『持ち家』で投資機会を失いたくないとはどういうことか?

私の投資スタンスの根底には、世界的に見れば経済は成長するという考えがあります。

つまり、資本主義経済は成長し、長期的には株価は上がるという考えです。

この考えが間違っていると思われる方とは、今回の『持ち家VS賃貸』の議論も噛み合わないと思います。

私は、長期的そして地球規模では経済は成長するという考えですので、『持ち家』のローン支払いに追われて、その期間の投資機会を失うのが怖いのです。

地球規模では 年率5%のリターンが見込めるという事実

世界もしくは、米国のインデックス投資では、平均で年率4~5%のリターンが見込めることは歴史が証明しています。

100万円が、1年で105万円になるのです。

1,000万円ですと、50万円という増加です。

誰もが知る天才物理学者アインシュタインが、「人類史最大の数学的発見は複利である」と言った有名な話があります。

※実際にアインシュタインが言ったかには諸説あります。

この『複利』のパワーがあるからこそ、私は長期投資を続けています。

先程の年率リターン5%を例に挙げますと、1年で1,000万円が1,050万円です。

2年目はこの増えた1,050万円に対して5%ですから、1,102.5万円です。

50万円に加えて、2万5千円が増えました。

3年目で、1,157.625万円です。

4年目で、1,215.50625万円。

5年目で、1,276.2815625万円。

通常のリターンに加えて26万円以上増えています。

平均リターン5%という仮定ですが、5年で276万円ものリターンを得ることができるのです。

複利のパワーは、時間と共にこのプラスが加速度を増すところに凄さがあります。ある意味恐ろしさという表現もできるでしょう。

投資に絶対はない!リターンにはリスクが付き物

私はこの複利でのリターンを積み立て投資で得ていく考えです。

賃貸での生活は、確かに持ち家のように最終的に自身のものとなるものはありませんが、この投資の機会を得ることができます。

このご時世、サラリーマンとしての自身の仕事もどうなるかわからないですし、家や土地というものではなく、『お金』として残していく選択をしています。

自身が『持ち家』というものにこだわりがないということも大きいかもしれません。

ここまで、複利を期待した積み立て投資を述べさせて頂きましたが、最終的には自身で納得できるかどうかです。

もちろん投資に絶対はありませんので、想定のリターンを得ることができないかもしれません。

ただ、『持ち家』にも大きなリスクがあることは理解する必要があります。

持ち家が何よりも大きな投資であることを。

そして、全ての投資は自己責任であることを。

私は『投資』という観点から『持ち家』と『賃貸』を見ている面が強いです。

『持ち家』には、この投資という数字では計れない魅力や幸せな時間があるのでしょう。

最終的には人それぞれの価値観での選択になります。

自身で満足することが一番です。

今のところ私は、『賃貸』であったからこそ投資にお金を投資振り分けることができ、少しのリターンを得ることができています。

不動産投資として、価値ある物件が出た場合は違う判断が出るかもしれませんが、それまでは、賃貸でゆっくり積み立て投資です。

 

 

 

勉強になるブログはこちらを↓

スポンサードリンク

シェアしてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RSS