ひふみ投信、基準価格の推移 これからの反転に期待♪

スポンサードリンク

本日の市場動向

こんにちは。

kumatamです♪

 
不安定な株式市場環境ですが、本日の動きを確認します。

 
SBI証券より↓

本日2018年10月18日の日経平均株価は、マイナス182円(マイナス0.80%)と下落でした。

ただ、JASDAQ指数はプラスで推移するなど、まちまちの動きです。

 

ひふみ投信の動きは?

私のメイン投資先であるひふみ投信の動きです。

 

ひふみ投信ホームページより↓


 
ひふみ投信の基準価格は、前日比マイナス334円(マイナス0.68%)の動きです。

昨日は、1,090円もの大幅上昇でしたので期待していましたが、反落となりました。

下落率は、日経平均とTOPIXと比較しましても、予測どおりの推移です。

 

それでも1年前と比較すると、約3,000円のプラス

基準価格の1年間チャートです。↓

 
1年前の2017年10月19日のひふみ投信基準価格は、45,932円でした。
 
本日の基準価格が48,866円ですので、不調と言いましても、まだ約3,000円のプラスです。
 
前年から6.4%上昇しています。
 
ひふみ投信のこれまでの上昇率から考えますと寂しい数値ですが、悪い数値ではありません。

少し数値は上ですが、もし7.2%の年間上昇率が続きますと、どのくらい資産が増えるかご存知でしょうか?

 
10年間でなんと2倍になるのです!

 
恐るべし複利の力!

 
銀行に預けても、全くというくらい増えないものがこれだけ増えるのです。

そのくらい、6~7%という年間上昇率はすごいのです。

 
相対性理論で有名な物理学者、アインシュタインは「複利」のことを「人類最大の発見」と言ったというのは有名な話ですよね。
 

 
ドラえもんの『バイバイン』とまではいきませんが、それくらい複利運用ってすごいのです!

 
ところで、あの時の『栗まんじゅう』、今頃どうなっているでしょう?
 
この話、知らないかぁ(笑)

 

 

話は脱線してしまいますが、『バイバイン』のことを分析されている方がけっこういらっしゃるんですね(笑)↓

 

『栗まんじゅう問題 アンサイクロペディア』

 

すごい分析ですので、時間のある方はどうぞ♪

 

ひふみ投信、まだまだ本領発揮とはいきませんが、反転からのリターン拡大に期待して待ちます。

 
 

勉強になるブログはこちらを↓

オススメ
『未来への投資日記』は、ワードプレステーマ『ストーク』によって作成しています。
有料テーマですが、その価格以上の満足度です

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)