ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)が5,000万円に?!

スポンサードリンク

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)が5,000万円に?!

こんにちは。

kumatamです♪

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の話をブログでするのは、昨年2020年11月以来です。

その時の1ビットコイン価格は、約185万円でした。

当時も「高騰している」という内容だったのですが、今の価格はと言いますと・・・

コインチェックより

1ビットコイン=656万円!!!

4ヶ月半で、3.5倍!

これが、今のビットコインをはじめとする暗号資産の推移なのです。

上のグラフを見ましても、1年前は1ビットコイン100万円以下だったのです。

驚きの上昇です。

ビットコインは割高? これから買うのは遅い?

コインチェックやbitFlyerなどのビットコイン(暗号資産)販売所のCMも増えてきましたが、2017年くらいのブームのような盛り上がりとは異なった印象です。

前回のブームは個人が中心でしたが、今は企業が中心になっています。

イーロン・マスクのテスラがビットコインを大量購入し、決済での受け付けを開始したり、米カード決済大手のVISAが、暗号資産(仮想通貨)を使った決済を始めると発表するなど、世界的企業が参入してきているのです。

本日2021年4月3日の日本経済新聞にも、暗号資産(仮想通貨)関連の大きなニュースが2つ大きく掲載されています。

ただのブームではなく、企業も先行優位性を発揮したいのでしょう。

現段階で、皆さんの周りでビットコインなどの暗号資産技術を未来に重ね合わせている方はいらっしゃるでしょうか?

ビットコインという言葉は知っていても、多くの方は「怪しいもの」「盗難されるような危ないもの」という理解のように思われます。

世界的企業が参入し、日本経済新聞記事のように、大きく取り扱われていることを知らない方も多いです。

ビットコインに資産価値基準はありません。

1円なのか、1億円が適正なのかもわかりません。

多くの方が信頼し、そこに価値を感じることで価格が上昇します。

私自身は、前回11月のブログでも話していますが、1ビットコイン1,000万円への上昇もあると考えています。

現時点では、最近の上昇価格を考えて、1,000万円以上に上がることも想定しています。

難しいのは、価値基準がないですので、大幅上昇もあれば下落もあるということです。

購入はビットコイン特性を理解し、自身の意志と責任のもとに行いましょう。

また、税制もよく理解しないと、痛い目にあいますので注意しましょう。

私のビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)評価額は?

先日、以下ツイートをしました。↓

エイプリルフールに、嘘か本当かわからないことをツイートしましたが…

本当です!!

正確にはビットコインをはじめとする暗号資産で5,000万円を超えています!

本日も上昇して、このブログ作成中の今現在5,680万円です。

暗号資産の価格は、1分で大きく変わりますので、このブログを書き終える時点で100万円単位で下落しているかもしれません。

本当に毎日○百万円がプラスマイナスしますので、精神的に耐えられない方やマイナスしたくない方にはオススメしません。

私の資産運用目標は、ブログスタート時に5,000万円に設定していました。

多額の暗号資産に対する税金を考えましても、リアルマネーと合わせてその額は超えていますが、何が起こるかわからないのが暗号資産です。

大きくマイナスすることも想定しており、目標金額は、あくまでもリアルマネーでの目標値としておきます。

暗号資産の未来に期待

今後どのようになるかわからないビットコインはじめとする暗号資産ですが、私は今までと考えは変わらず、長期的に上がっていくと考えています。

特にビットコインは、そう考えています。

どこかで売るかと言われますと、高額な税金を考えますとなかなか売却したり、他の暗号資産にこれから変更できないのが現実です。

今のようにビットコイン価格が高くなかったときに、他のアルトコインをビットコインで購入した年もけっこうな税金を確定申告して払っています。

結果的には、ビットコインのまま持ち続けていれば、今よりも相当多い金額を所持できていたことになります。

投資に「タラレバ」はありませんので、受け止めていますが。

暗号資産を活用したDeFi(ディファイ:Decentralized Finance=分散型金融)によって、現在のような中央集権型の金融から脱却することができます。

銀行など金融機関の中間マージンのない、そしてスピードある世界です。

主流になるにはまだ時間を要しますが、大幅に便利で、個人にもメリットのある世界です。

通貨発行権が国家の根幹ですので、各国政府の規制もあるでしょうが、暗号資産(ブロックチェーン)技術を用いた未来に期待しています。

この未来が来るのであれば、資産としての価値も更に上がることでしょう。

投資は、自己責任でお願いします。

勉強になるブログはこちらを♪↓


投資信託ランキング


仮想通貨ランキング


スポンサードリンク

シェアしてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)