コインチェック 約26万人に対する463億円の返金補償対応に関して思うこと

スポンサードリンク

NEM保持者に対する返金補償を発表

2018年1月26日、暗号通貨取引所コインチェックから、日本円にして約600億円分暗号通貨NEM(ZEM)が不正に引き出しされました。

当日夜に、コインチェックの和田社長と大塚取締役が記者会見を実施しました。

この後、本日1月28日未明、NEM保持者全員に対して1NEM(ZEM)あたり、88円を支払う発表をしました。

コインチェック不正引き出し前のNEM価格は、110円くらいでしたので金額的にはマイナスですが、このコインチェックの対応は評価します。

 

投資は自己責任!

いろいろと騒いでいる方もいますが、コインチェックに関わらず、暗号通貨の性質上、取引所でのハッキングの可能性が高いことは、暗号通貨を以前から知っている人の中では皆知っていることです。

取引所に置いておくことにリスクがあることはもちろん私も知っていました。

これを知らない時点で情報収集不足ですし、暗号通貨に投資すべきではありません。

 

暗号通貨は、ハードウェアウォレットが一番安全性が高いです。


私も早速2個注文しました。

2日くらいで届きますが、品薄とのことですので、ご注文はお早めに。

こちらのリンクは、正規代理店です↓

オークションはもちろん、Amazonなどからの購入も不正があることがありますので、ledgerから直接購入するか、正規代理店にしましょう。

※現在ledgerは、3月くらいまで品切れ中

 

昨年2017年に暗号通貨全体が急激に価格上昇し、多くの新規参入者が出ました。

その新規参入された方は、株式投資さえも実施したことのない投資初心者が多くいます。

株式投資は、しっかりとリスクを把握し長期でのぞめば、リターンをもたらす可能性が高いものです。

その株式投資さえも避けていた層が、暗号通貨には飛びついたのです。

通常ですと、リスクを考えるとありえないことですが、そのリスクを考えずに参加しているのです。

暗号通貨は下落もそうですが、ハッキングや秘密鍵を忘れるなど多くのリスクが存在します。

そして、そのリスクの発生は自己責任です!

今回、コインチェックからの不正引き出し後には、チャットなどではコインチェックや和田社長に対して脅迫といっていいような言葉が並んでいました。

コインチェックのホームページに記載されている事項と異なる管理があったのは事実にせよ、自己責任ということを知らずに暗号通貨を購入している方があまりに多すぎです。

正直ギャーギャー言っているコメントを見ますと大人気ないというか、カッコ悪いなぁと感じます。

人事だからそう言えると思うかもしれませんが、私もコインチェックにはNEMではないですが、他の暗号通貨を入れています。

コインチェックが倒産でもすれば、その暗号通貨もどうなるかわからなかったのです。

ですが、それも自己責任です!

今いろいろとコインチェックや和田社長に対して言っている人も、またすぐ戻ってきてしまうのでしょう。

投資が自己責任であることを理解できない方は、戻らないようにしましょう。

自分で考えて納得して投資していない方は、高い確率で失敗します。

コインチェックの判断

NEM保有者26万人全員に、88円の金額で返す判断は正直、予想以上でした。

私は、NEMは全て不正引き出しでなくなっていますので、残念ですが、0になると考えていました。

それ以外の暗号通貨やJPYは戻ると考えていたのです。

コインチェックの判断は、私のコインチェックに対する信頼を向上させました。

確かにセキュリティーでやるべきところができていないという大きな落ち度があったものの発生後の決断がとても早かったからです。

事件後、当日夜に記者会見し、本日未明に463億円をコインチェック負担の判断したのです。

この金額を決定するのに、この短期間って、私は驚異的な決断スピードだと思うのです。

この発表により、暗号通貨価格は上昇し、ほぼ不正引き出し発覚前の価格に戻っています。

 

コインチェック ホームページより2018年1月28日22時10分現在の価格です。

 

今回の件で、和田社長はじめコインチェックは、セキュリティーには力を入れることでしょうし、ガバナンス強化を実施することでしょう。

しかも、今回現預金での支払いですので、安定性の面でも高く評価できます。

更に強い企業になるはずですので、私は応援しています。

 

日経電子版より

コインチェック、返金原資は現預金「現金化形跡なし」

仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京・渋谷)は28日、約560億円分の顧客の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題の経緯などを金融庁に報告した。同社は顧客に全額を日本円で返金する方針を表明済み。大塚雄介取締役は記者団に対し、「原資は現預金で対応する」と述べた。同社が保有する仮想通貨の売却で捻出するとの見方を否定した。

また、今回の件で評価が上がったのがNEMです。

NEM財団の迅速なコメントや追跡対応など、信頼性がアップしましたので、今後も人気が出そうです。

 

今回、不正引き出しされたNEMが売却できないように対応され、コインチェックでの保有者の一定数が再購入することを考えますと、NEMにはよい影響がありそうです。

まずは、コインチェックの早い復活を祈ります。

 

暗号通貨(仮想通貨)に興味があるなら・・・

暗号通貨は信頼ある取引所を使い、資産は自分で守りましょう

私は、bitFlyer・コインチェック・Zaifに口座を開いています。

bitFlyerは、出資企業に大手も多いですので、その点の資金力や信頼性も高いです。

手数料が他社より少し高めですので、私のような取引の少ない人向け。

なんといっても信頼度No.1!! テレビCMでもおなじみ!↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

コインチェックは、暗号通貨の取り扱い数が素晴らしいです。

暗号(仮想)通貨に興味があるなら、まずはコインチェックの口座を開設すべきです。

※今回、不正引き出しがありましたので、セキュリティー強化がのぞまれます。改善が認められるまでは、復旧しても口座内保管は避けましょう。

 

スマホ画面が見やすいですので、この点は初心者さんにもオススメです。

出川さんCMも話題! ↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

Zaif(ザイフ)は、取引手数料がとにかく安いですので、暗号通貨を購入する時に、お得度で1番のおすすめです♪

なんと取引手数料がマイナス0.01%!! 取引するほど、プラスになるのです。

キャンペーン期間中は、更にお得です!

NEM、モナコイン購入は、Zaifで! ↓

 

バイナンスも口座開設しています♪

国内企業にはない暗号通貨の取扱い数と手数料の安さが魅力です!

バイナンスは、スマホアプリよりもPC画面が日本語表記もありますので、わかりやすいです。

アルトコインとハードフォークに備えるならバイナンスで! ↓

 

全て公式サイトですので、安心してください。

口座開設も、とても簡単です。

最初から高額取引はオススメしませんが、少額で暗号通貨投資の勉強もよいのではないでしょうか。

 

勉強になるブログはこちらを↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)