短期投資は売りタイミングが難しい!ビットコインキャッシュ(BCH)の売買タイミングもよく考えましょう!

スポンサードリンク

ビットコインキャッシュが予想通り高騰しているけど・・・

こんにちは。

kumatamです♪

 
先日のブログで、今注目の暗号通貨(仮想通貨)としてビットコインキャッシュ(BCH)を挙げさせて頂きました。

 

 
そのビットコインキャッシュ(BCH)価格は、ブログ掲載後も大幅上昇しておりますので、そのタイミングで購入された方は現在大きなプラスとなっていることでしょう。

 
(*^▽^*)

 

コインチェックより、2018年11月5日20時20分現在の暗号通貨価格です。↓

 
先日のブログ掲載時点でビットコインキャッシュ(BCH)価格は、53,000円程でした。

 
あっという間にそこから20%も高騰しています♪

 

高騰の1番の理由は、11月15日に予定されているハードフォークです。

このハードフォークによって、ビットコインキャッシュが2つに分岐し、新たに付与されることを見込んでの上昇です。

 

本当に分岐して付与されるの?

これが問題なのです!

付与されるとの予測(あくまでも予測)で、ビットコインキャッシュ価格が高騰していますが、『付与』は正式に発表されたわけではありません。

 
バイナンスなどの大手暗号通貨取引所が付与に関してリリースしてるのは、「付与した場合には、対応しますよ」という内容です。

 
一言も「付与される」と断言されていません。

 
ここがポイントなのです。

 

短期投資は、売るタイミングが難しく、そして重要!

ビットコインキャッシュは、確かに期待値から高騰しています。

長期的視野で考えますと、現在のビットコイン(BTC)と比較してまだまだ安価であるというのが私の考えです。

ただ、今回のビットコインキャッシュのように数日で大幅上昇したものは、あるタイミングで急落することが多いのです!

 

  • ハードフォーク直前
  • ハードフォーク直後
  • 付与がないことが明確になったとき

 
付与がないことが明確になった場合は、大幅な下落が予想されます。

 
ビットコインキャッシュが、ビットコインのハードフォークによって生まれたときは、そのタイミングで高騰しましたが、その後、売却で値を下げました。

ただ、皆さんもご存知のブーム影響もあり、高騰に転じたのです。

ビットコインキャッシュが生まれたときには持ち続けていた方にメリットがありましたが、その後に急落し今に至るわけです。

 
正直、今後の動きは誰にもわかりません。

 
ただ、ハードフォークにより分岐が起こらない可能性があることは考えて動くことが必要です。

 
今は、『分岐』の期待をしている市場です。

 
ある程度情報収集している方は、『ハードフォークによる分岐が起こらない可能性が高い』と考えているのではないでしょうか。

 
私は、長期的視野でビットコインキャッシュ(BCH)が、今のビットコイン(BTC)価格と比較して割安と考えていますので、そのままホールドです。

ただ、ここ数日の高騰でプラスの恩恵を受けている方は、「売る」ということもよい判断と考えます。

 
売却益に対する高い税金もあり、一概には言えませんが、大きな利益が出ているタイミングでの売却判断は、短期投資で利益をあげるポイントです。

 
私は、このような売却タイミングを失って結果的にリターンを弱める経験を何度もしていますので、参考にしてみてください。

 
投資は、自己責任です。

 
ご自身で、よく考えて動いてみてください。

 
bitbank

 
勉強になるブログはこちらを↓

暗号通貨は、取引所もハッキングリスクがあります!

暗号通貨のセキュリティー強化を

暗号通貨は、ハードウェアウォレットを使用しての保管が、一番安全性が高いです。

ハードウェアウォレットが故障しても、パスワードや設定ワードがあれば復旧できます♪

故障や紛失リスクを考えて、2個以上の購入をおすすめします。

★今なら2個の購入で10%OFFのようです♪
こちらのリンクは、正規代理店です↓

オークションはもちろん、Amazonなどからの購入も不正があることがありますので、ledgerから直接購入するか、正規代理店にしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)